Excel2013使い方. なので、コピー元の書式も、そっくりそのまま持ってきてくれます。, じゃぁ、一番最初にやった、ただの[貼り付け]と、この[値と元の書式]の違いは何なんだ!ということになりますよね? google_ad_client = "pub-8092962482169671"; 2013Excelマクロ講座. このセル範囲b1:b500の計算結果(値)を、1つずつ隣のc列に"値貼り付け"していきます。本当は、このように連続した範囲でしたら、複数のセルを一気にやるんですけど、今回はそういう話ではありません。"値貼り付け"を500回繰り返したら、という検証です。まずは、10回試した結果をご覧ください。 Excel・エクセル; 入力・編集 ; 形式を選択して貼り付け:「値の貼り付け」基本編; 形式を選択して貼り付け:「値の貼り付け」基本編. 【エクセル初心者】表の縦・横の項目を指定して値を検索する(INDEX、MATCH). そこで出てくるのがダイアログボックスを使う方法。 Ctrl+Alt+Vを押す 1. 最近のエクセル(リボン化されてから?)で、実装されたショートカットキーです。 1. 右クリック後、[形式を選択して貼り付け]をクリックします。, 「値」と「数値を読みやすくするための飾り付け(書式)」だけを持ってきたい場合には、[値と数値の書式]を選択して[OK]ボタンをクリックします。, でも、「値」と「元の書式」を持ってきたい場合、ダイアログボックスに[値と元の書式]というのが無いのです。, さてここで、「値の貼り付け」というものが何なのかは分かったけれど、実際問題、どんな状況の時に使うんだい?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。 Excel 2013, 2010, 2007; Excel 2013・2010・2007用 練習ファイル … 値のみ貼り付けをするマクロ~やさしいマクロ講座 .

date = new Date(); 経理・会計業務を行っている方向けに、エクセルでの作業を劇的に速く、効率化する方法をお伝えします。, エクセルで、Ctrl+Vを押すと「貼り付け」ができます。 このページでは、最初はExcel 2013・2010の操作方法から入り、後半にExcel 2007での操作方法を書いています。 なんだ!カンタン!Excel塾 ... 動画で学ぶエクセル. 2016エクセル技. 「基本的なコマンド」と書かれている欄の右側の「▼」をクリックして「リボンにないコマンド」を選択します。, 「リボンにないコマンド」の中から「値の貼り付け」を選択肢、「追加(A) >>」ボタンを押します。, ※上記キャプチャのスクロールバーの位置を手がかりにして「値の貼り付け」を探してみてください。, 右側の欄「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」欄に、値の貼り付けが追加されたことを確認したうえで、右下の「OK」を押します。, これで、下記のように、クイックアクセスツールバー(画面の左上)に、「値貼り付け」のボタンが追加されました。, そこで、最初に、コピーの操作(Ctrl+C)をしてください。 document.getElementById("thisYear").innerHTML = thisYear. コピー元であるA4番地には数式が入っていました。 ョン]の「値」を実行するのも、やってることは同じですよ。, さて、この"値貼り付け"が遅いってご存じでしたか?実務で何回も値貼り付けを繰り返していたら、そりゃマクロも遅くなりますよ。やってみましょうか。, セル範囲A1:A500に適当な数値を入れました。隣のセル範囲B1:B500に「=A1*2」的な数式を入れました。このセル範囲B1:B500の計算結果(値)を、1つずつ隣のC列に"値貼り付け"していきます。本当は、このように連続した範囲でしたら、複数のセルを一気にやるんですけど、今回はそういう話ではありません。"値貼り付け"を500回繰り返したら、という検証です。まずは、10回試した結果をご覧ください。, "値貼り付け"を実行すると、どうしてもアクティブセルが移動します。つまり、画面が変化します。こんなときは、画面の更新を抑止するとマクロの実行速度が上がります。本来であれば、アクティブセルが移動するようなコードそのものが「それって、ど~よ」って感じなんですけど、一応画面更新を抑止したコードも試してみました。, この結果を見て「おお!やっぱ画面を止めるとマクロは速くなるんだぁ!」なんて喜ばないでくださいね。本題はここからです。, 計算式の結果を別のセルに"値貼り付け"するって、要するにどういうことですか?計算式の結果を、別のセルに"代入"するってことでしょ。セルに何かを代入するのは「セル.Value = 何か」と書けば済みます。さらに、セルに入力した計算式の結果って、それってValueプロパティですよね。ですから、みなさんが手動でやる"値貼り付け"ってのは、VBA的には値(Value)の代入なんです。上記と同じ、500個の数式が入力されているセルの、値(Value)を別のセルに代入すると、次のような結果になります。, あなたは、これでもまだ"値貼り付け"を繰り返しますか?, 私のセミナーで毎回言っていますが、マクロとは「手動操作の高速化」じゃないんです。Excelに対して手動操作でやることを、そのまま速く実行することがマクロではありません。マクロとは、みなさんがExcelに指示・命令をすることです。そのためにVBAというマクロ言語が実装されているんです。くれぐれも「手動操作の高速化」をしないようにしてくださいね。,