ナダル父の『イナバの物置話』って? 仕事に家庭に、順風満帆のナダルさん(*` ´*). ラファエル・ナダル・パレラ(Rafael Nadal Parera カタルーニャ語: [rəfəˈɛɫ nəˈðaɫ pəˈɾeɾə] スペイン語: [rafaˈel naˈðal paˈɾeɾa], 1986年6月3日 - )は、スペイン・バレアレス諸島州マナコル出身の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス86勝・ダブルス11勝を挙げる。身長185cm・体重85kg。, グランドスラム優勝回数歴代1位タイ(20回)、 ※2016年全仏オープン3回戦、2019年全米オープン2回戦の不戦勝は通算成績に含まない。, 2010年 キャリアベストシーズン(4大大会3冠、キャリアゴールデンスラム達成、No.1に復帰), 2017年 再びの復活(グランドスラム3度の決勝で2度の優勝、4度目の世界ランク1位), 2019年 全仏3連覇12度目の優勝・2年ぶり4度目の全米優勝、5度目の年間世界ランキング1位, 2020年 3度目の全仏4連覇13度目の優勝、全仏通算100勝、グランドスラム20勝、シングルス通算1000勝, W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期. 史上7人目となるキャリア・グランドスラム達成者、全仏オープン最多連勝記録・最多5連覇含む13回優勝、オープン化以降最多のGS同一大会13回優勝、史上2人目となるキャリアゴールデンスラムを史上最年少の24歳3か月で達成、2010年にはオープン化では5人目となる4大大会3冠達成、マスターズ1000では歴代2位となる35回の優勝記録を保持するテニス史上屈指の選手。, また、トップ10連続在位の歴代最長記録を保持しており(11月9日現在790週)、トップ選手としての活躍期間も史上屈指である[1]。, 特にクレーコートに非常に強いことで知られ、クレーコート最高勝率、クレーコート81連勝、クレーコート50セット連続奪取、クレー大会である全仏オープン、モンテカルロ・マスターズ、マドリード・オープン、ローマ・マスターズ、バルセロナ・オープンの最多優勝記録・最長連覇記録などの数々の記録を更新している。, 北京五輪シングルス・リオデジャネイロ五輪ダブルス金メダリストで、デビスカップスペイン代表5度の優勝に貢献している。, マヨルカ島にあるバレアレス諸島州マナコルに生まれた。彼の叔父はサッカー元スペイン代表ディフェンダーのミゲル・アンヘル・ナダルであり、ラファエルも12歳まではサッカーで有望選手だったという。もう一人の叔父であるトニー・ナダル(英語版)が子供のころから一貫してコーチを務めている。8歳の時にスペインの12歳以下の大会で優勝。その後テニスを職業に選び、2001年に15歳でプロ入りした。2003年4月21日、16歳10か月で世界ランキング100位入り。2003年8月4日、17歳2か月で世界ランキング50位入り。2004年8月のオレンジ・ワルシャワ・オープンでシングルス初優勝を飾り、アテネ五輪にカルロス・モヤとの男子ダブルスで出場している。全米オープン男子ダブルスで、同じスペインのトミー・ロブレドと組んで準決勝に進出したことがある。12月のアメリカとのデビスカップ決勝にも起用され、アンディ・ロディックを6-7(6), 6-2, 7-6(6), 6-2で破りスペインの優勝に貢献した[2]。, ナダルは2005年シーズンに急成長を始めた。シーズン序盤、中南米のクレーコートの大会でいくつかの勝利を収め、全仏オープンの前哨戦となるATPマスターズシリーズのモンテカルロ・マスターズで18歳10か月で優勝。世界ランキング10位入りを果たす。続くBNLイタリア国際でも優勝。年頭には50位だったATPランキングも、全仏オープン開始前の5月9日には5位まで上昇した。, 第4シードで出場した全仏オープンでは、ラース・ブルクスミュラー、グザビエ・マリス、第30シードリシャール・ガスケ、第23シードセバスチャン・グロジャン、第20シードダビド・フェレールを破り準決勝進出。準決勝で世界1位のロジャー・フェデラーを破り、決勝ではアルゼンチンの伏兵マリアノ・プエルタに競り勝って、「19歳2日」の若さでグランドスラム初優勝を達成。全仏オープンでの初出場・初優勝は1982年のマッツ・ビランデル以来となり、大会でも4番目の年少記録だった。10代の男子テニス選手がグランドスラムで優勝したことも、1990年全米オープンに「19歳28日」で優勝したピート・サンプラス以来15年ぶりの快挙であった。, その後のグランドスラムでは、ウィンブルドンは2回戦でジル・ミュラーに、全米オープンは3回戦でジェームズ・ブレークに敗れるが、7月25日には19歳1か月でロジャー・フェデラーに次ぐ世界ランキング2位の座につく。2005年度はATPツアーで年間11勝を挙げ、そのうちATPマスターズシリーズでは、モンテカルロ・マスターズ、BNLイタリア国際、ロジャーズ・カップ、マドリード・マスターズの4大会で優勝した。, 2006年のシーズンでも、ナダルはATPツアー大会の決勝戦でフェデラーに4連勝を記録した。同年5月、第7回「ローレウス・スポーツ賞」の「最優秀新人賞」を受賞。2006年にはクレーコートで、ギリェルモ・ビラスが持っていた「53連勝」の記録を更新する。, 第2シードで出場した全仏オープンではロビン・セーデリング、ケビン・キム、ポール=アンリ・マチュー、レイトン・ヒューイット、ノバク・ジョコビッチ、イワン・リュビチッチに勝利し決勝進出。決勝戦ではフェデラーに1-6, 6-1, 6-4, 7-6で勝ち、大会2連覇を達成。クレーコートでの連勝記録を「60連勝」に伸ばし、それまでグランドスラムシングルス決勝戦で負けたことがなかったフェデラーに、初めての黒星をつけた。, 同年のウィンブルドンでも初めて決勝に勝ち上がったが、全仏に続く2大会連続の決勝対決となったフェデラーに0-6, 6-7, 7-6, 3-6で敗れた(大会4連覇を達成したフェデラーは、試合終了後「芝では負けられなかった」と話した)。全米オープンでは振るわず、準々決勝でミハイル・ユージニーに3-6, 7-5, 6-7, 1-6で敗れた。, 全豪オープンでは、準々決勝でフェルナンド・ゴンサレスに完敗した。5月20日、ATPマスターズシリーズのハンブルク・マスターズ決勝でフェデラーに6-2, 2-6, 0-6で敗れ、2005年4月から続いていたクレーコートの連勝記録が「81連勝」でストップした(これはフェデラーにとって、対ナダル戦のクレーコート初勝利であった)。この記録は、ジョン・マッケンローが室内カーペットコートでマークした単一コートでの連勝記録「75連勝」を更新するものであった。, 直後の全仏オープンではフアン・マルティン・デル・ポトロ、フラビオ・チポッラ、アルベルト・モンタニェス、レイトン・ヒューイット、カルロス・モヤ、ジョコビッチに勝利し決勝進出。決勝でフェデラーを6-3, 4-6, 6-3, 6-4で下し、大会3連覇を達成する。ウィンブルドンでは3回戦で相次ぐ降雨順延・中断に悩まされるなど、ハードなスケジュールの中で決勝に勝ち進む。フェデラーとの2年連続の決勝対決では6-7, 6-4, 6-7, 6-2, 2-6でまたも敗れたが、芝においても王者に肉薄しつつあることを十分に示す激闘だった。, 全豪オープンでは、初進出の準決勝で世界ランキング38位のジョー=ウィルフリード・ツォンガに2-6, 3-6, 2-6のストレートで敗れた。全仏オープンでは、決勝でフェデラーを6-1, 6-3, 6-0のストレートで下し、全仏ではビョルン・ボルグ選手以来2人目の4連覇を達成、全仏初出場から28連勝とした。ボルグは1978年-1981年にかけて全仏4連覇を達成したため、ナダルは27年ぶりの偉業を射止めたことになる。, 全仏オープン終了後、6月のアルトワ選手権において芝生コートでの初優勝を果たす。その勢いに乗り、ウィンブルドンで、5連覇中のフェデラーとの「4時間48分」に及ぶウィンブルドン決勝史上最長の試合を6-4, 6-4, 6-7, 6-7, 9-7で制し、初制覇を成し遂げた。スペイン勢のウィンブルドン制覇は1966年のマニュエル・サンタナ以来2人目で、同一年での全仏オープンとウィンブルドン選手権連続制覇は1980年のビョルン・ボルグ以来28年ぶりである。優勝を決めた自身のサービスゲームでは、フェデラーのバックを狙ったサービスや、それまで1度も使わなかったサーブ&ボレーなどの奇襲を駆使し、優勝を手にした。, ウィンブルドン優勝の後、北京五輪では決勝でフェルナンド・ゴンサレスを6-3, 7-6, 6-3のストレートで圧倒し、男子シングルスの金メダルを獲得した。これまでオリンピックのテニス競技でスペイン人選手の金メダル獲得はなく、ナダルは最初のスペイン人金メダリストとなった。8月18日には初めて世界ランキング1位の座につき[3]、フェデラーが保持してきた世界ランキング1位連続保持の世界最長記録を「237週」で止めた。左利きの選手としては、ジミー・コナーズ、ジョン・マッケンロー、トーマス・ムスター、マルセロ・リオスに続く歴代5人目の世界ランキング1位である。スペイン男子選手としてはカルロス・モヤ、フアン・カルロス・フェレーロに続いて史上3人目となる。全米オープンでは初めて第1シードに選ばれたが、準決勝でアンディ・マリーに2-6, 6-7, 6-4, 4-6で敗れ、初の決勝進出を逃した。, 全豪オープンでは、準決勝でフェルナンド・ベルダスコ、決勝のフェデラー戦と2試合連続で長い5セット・マッチを乗り切り、ハードコート・グランドスラムで初優勝を飾った。スペイン人選手による全豪オープン優勝は史上初である。ところが、全仏オープンでは4回戦でロビン・セーデリングに2-6, 7-6, 4-6, 6-7で敗れ、2005年に初出場してからの連勝記録が31で途切れた。この後、彼が両膝を痛めていたことが明らかになる。6月19日、大会前年度優勝者として出場する予定だったウィンブルドンの出場断念を表明した。このため、7月6日付けのランキングではこの大会に優勝したフェデラーに1位を明け渡すことになった[3]。, その後のロジャーズ・カップにて第2シードで復帰を果たしたものの、第6シードのデルポトロにストレートで敗れた。これにより、2009年8月17日付けのランキングではマリーが2位となり、2005年7月18日以来、およそ4年1か月ぶりに3位に後退することとなった[3]。翌週に開催されたシンシナティ・マスターズでも準決勝でジョコビッチに圧倒され敗退。

“Djokovic, Nadal looking to become record collectors”, http://www.reuters.com/article/2012/06/08/us-tennis-open-idUSBRE8571EH20120608, http://www.usatoday.com/story/sports/tennis/2013/06/09/rafael-nadal-david-ferrer-french-open-mens-final/2405209/, “Rafael Nadal tops ノバク・ジョコビッチ for record seventh 全仏 title”, https://web.archive.org/web/20120614021949/http://sports.nationalpost.com/2012/06/11/rafael-nadal-tops-novak-djokovic-for-record-seventh-french-open-title-after-rain-delay/, http://www.nytimes.com/2005/06/05/sports/05iht-open.html?pagewanted=all, Nadal makes Masters 1000 history; Notches 600th win, http://www.atpworldtour.com/Tennis/Players/Top-Players/Rafael-Nadal.aspx, “Tennis: Federer vs. Nadal to meet again in 全仏 final”, http://www.nytimes.com/2007/06/08/sports/08iht-tennis.4.6064939.html, http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/tennis/6674381.stm, FedEx ATP Reliability Index – Winning percentage on Clay, FedEx ATP Reliability Index – Winning percentage Outdoor, Nadal Beats Ferrer For Seventh Barcelona Crown, “Rafael Nadal beats ノバク・ジョコビッチ to win eighth consecutive Monte Carlo Masters title”, http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis/9219433/Rafael-Nadal-beats-Novak-Djokovic-to-win-eighth-consecutive-Monte-Carlo-Masters-title.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ラファエル・ナダル&oldid=80405385, 2005-2007, 2009, 2010, 2012, 2013, 2018, 2019, ナダルは自伝の中で幼少時代にフォアもバックも明確ではなく、どちらも両手で打っていたが叔父のトニー・ナダルに、どちらかは片手で打つようにと助言されて自然と左打ちになったと語っている。, 2003年5月28日にマヨルカ天文台で発見された小惑星が、この島の出身者であるナダルにちなんで「, 2012年後半よりツアーを離脱したのは、ドーピング検査で陽性反応を示したことを隠すためだったとフランスの, そのナダルアカデミーのコートを利用して、自らの名を冠したATPチャレンジャーツアー大会の. 6-2, 7-6(4)で勝利し、5年ぶり4度目の優勝を果たした。ハードコートでのマスターズ制覇は2013年のシンシナティ・マスターズ以来のことである。そして、この大会の優勝の後、身体の休養を理由にシンシナティの辞退を発表した。迎えた全米オープンには第1シードで参戦。3回戦のハチャノフ戦でメディカルタイムアウトを取るなど膝の状態が不安視されたが順当に勝ち上がり、4回戦のニコロズ・バシラシビリ戦も勝利してベスト8に進出する。準々決勝ではクレーコートのライバルであるティームとハードで初対戦。第1セットを0-6で一方的に落としたもののそこから驚異の立ち直りを見せ、0-6, 6-4, 7-5, 6-7(4), 7-6(5)で4時間48分に及ぶ戦いを制した。続く準決勝ではデル・ポトロとグランドスラムで3大会連続相まみえることとなったが、2セットを先行されたところで膝が限界を迎えて棄権、自身初の全米連覇は叶わなかった。, その後アジアシーズンは前述の負傷により全休。パリ・マスターズもエントリーこそしたものの大会前に棄権、ATPファイナルズも辞退を表明しシーズンを終了した。この間にジョコビッチが世界ランキング1位に返り咲いたため、年間最終ランクは2位。, 出場予定だったブリスベン国際をスキップし万全を期して挑んだ全豪オープンでは、3回戦でアレックス・デミノー、準々決勝でフランシス・ティアフォー、準決勝でステファノス・シチパスと期待の若手を次々と倒して全試合ストレート勝利で決勝進出。しかし決勝では第1シードのノバク・ジョコビッチに3-6, 2-6, 3-6と完敗、2年ぶり4度目の準優勝に終わった。BNPパリバ・オープンの準決勝を右膝の負傷で棄権すると、マイアミ・オープンは欠場。, 復帰戦のモンテカルロ・マスターズでは準決勝でファビオ・フォニーニに4-6, 2-6で敗れ、大会4連覇・12回目の制覇を逃した。試合後、「クレーでは過去14年で最悪の試合の一つだった」と語った[10]。続くバルセロナ・オープンではドミニク・ティームに、マドリード・マスターズでは対戦成績無敗のステファノス・チチパスに敗れクレーの大会でまさかの3大会連続準決勝敗退となった。全仏オープンの前哨戦であるローマ・マスターズでは不調から脱し、全試合ストレート勝ちで決勝に進出、決勝では世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを6-0, 4-6, 6-1で下し今シーズン初の優勝を果たした。迎えた全仏オープンでは、準々決勝で錦織圭を6-1, 6-1, 6-3のストレートで破ると、準決勝では最大のライバルでもあるロジャー・フェデラーを6-3, 6-4, 6-2で破り決勝進出。決勝では2年連続同一カードとなったドミニク・ティームに6-3, 5-7, 6-1, 6-1で勝利し、3連覇・12回目の優勝を果たした。, ウィンブルドン選手権は2月のメキシコ・オープンで敗れたニック・キリオスを2回戦で下すと、準々決勝ではサム・クエリーを破り2年連続でベスト4進出。準決勝では、ウィンブルドンでは2008年以来、11年ぶりの対戦となったフェデラーに6-7(3), 6-1, 3-6, 4-6で敗れ、全仏のリベンジを果たされた。ロジャース・カップでは、決勝でダニール・メドベージェフを6-3, 6-0と圧倒し、自身初となるハードコート大会での連覇を達成した。メドベージェフとは続く全米オープンの決勝でも対戦し、7-5,6-3,5-7,4-6,6-4の、全米決勝で最長となる4時間50分に及ぶ死闘を制し、4度目の優勝を成し遂げている。, アジアシーズンを全休し迎えたBNPパリバ・マスターズでは準決勝まで順当に勝ち上がっものの準決勝のデニス・シャポバロフ戦の直前に腹筋の炎症により棄権、最終戦のATPファイナルズの出場に不安を残す形となった。迎えた最終戦は2勝1敗ながらラウンドロビン敗退に終わったが、フェデラー、ジョコビッチと並ぶ通算5度目の年間1位が確定した[11]。, デビスカップでは8試合に出場して全勝する大車輪の活躍で優勝に大きく貢献した[12]。, ATPカップは8試合に出場する貢献ぶりを見せたが、セルビアとの決勝ではジョコビッチに敗れ、チームも準優勝だった。全豪オープンでは4年連続ベスト8入りしたが、準々決勝でティエムに敗れた。2月下旬のメキシコ・オープンで優勝。その直後より新型コロナウイルス感染症流行の影響でツアーが中断に。中断期間にはフェデラーらとのライブチャットを配信した[13]。再開後も感染への懸念から全米オープンを含むアメリカの大会を欠場[14]。その後異例の時期に行われたクレーシーズンで復帰したが、初戦の9度制しているBNLイタリア国際では準々決勝でディエゴ・シュワルツマンに敗北した。, この年の全仏オープンは普段と季節の異なる9月に開催されたため、「寒さ」という新たな敵が出現した。さらには、今大会からボールがバボラ社製からウィルソン社製に変更され、ボールが重くなってスピンがかけにくくなり、スピンボールを多用するナダルにとって不利な条件下での戦いを強いられた。それでも、全仏オープンでは準々決勝まで全試合ストレートで勝ち上がると、準決勝では前哨戦で破れたディエゴ・シュワルツマンに6-3,6-3,7-6(7-0)で快勝。その後のジョコビッチとの決勝戦では、6-0,6-2,7-5のスコアでジョコビッチを圧倒し、前人未到の全仏オープン13度目の優勝。2017年全仏オープン以来の失セット数0での優勝となった。この勝利で、ツアーマッチ通算999勝目、クレー通算タイトル60勝目、全仏オープンマッチ通算100勝目、自身3度目の全仏4連覇を達成した。また、グランドスラム通算20勝目となりロジャー・フェデラーと並んで歴代1位に浮上した。, パリ・マスターズでは、2回戦でフェリシアーノ・ロペスに4-6,7-6(7-5),6-4で逆転勝利し、史上4人目のシングルス通算1000勝を達成した[15]。, 強烈で重いトップスピンのグランドストローク、速く持続力のあるフットワーク、そして粘り強い守備を武器にしたアグレッシブ・カウンターパンチャー。高い予測能力で一見届かないと思われたボールも打つことができる守備力を持つ。また、重いトップスピンで相手を後方に追いやった後のドロップショットも武器。[16], 非常にスイングスピードが速く、通常のラリーの中から一発でウィナーを取れるだけのパワーを持っている。低い打点からボールを引きつけ完璧な構えから打つことで全身のパワーを乗せることができ、効率の良い身体の使い方と天性のバネにより、抜群のスイング・スピードを生み出している。[17], ストロークにおいてとりわけ異彩を放っているのは、スピンとスピードが他の誰よりも高次元で両立していることである。ナダルは高低差の激しいボールを打つがそのショットはスピードにあふれ、かつバウンドは極端に高く弾む。テイクバックは小さめでコンパクトなスイングでハードヒットしているため、クレーコートの遅くイレギュラーが多く良く弾むコートを非常に得意としておりリターンにも強い。[18]. The finals Nadal reached without losing a set were the 2007全仏, 全仏オープン、モンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズ、マドリード・マスターズを同じ年に優勝。, Davis Cup - Tie details - 2004 - Spain v USA, http://news.tennis365.net/news/today/201505/104409.html, http://news.tennis365.net/news/today/201505/104470.html, ナダル 史上4人目の快挙達成、シングルス通算1,000勝目をあげ初戦突破<男子テニス>, Nadal Has Improved Virtually Every Aspect of His Game, http://news.tennis365.net/lesson/pro/m_nadal01.html, http://news.tennis365.net/lesson/pro/m_nadal02.html, http://news.tennis365.net/news/today/201711/117352.html, “Nadal Captures U.S. Open To Complete Career グランドスラム”, http://www.tsn.ca/tennis/story/?id=333700, Nadal Completes Career グランドスラム With 全米 Title, http://www.nytimes.com/2010/09/14/sports/tennis/14tennis.html, “ロジャー・フェデラー breaks Pete Sampras's record with unprecedented 287th week as world No 1”, http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis/rogerfederer/9402663/Roger-Federer-breaks-Pete-Samprass-record-with-unprecedented-287th-week-as-world-No-1.html, http://sports.espn.go.com/sports/tennis/usopen10/columns/story?columnist=garber_greg&id=5563873, History – Past Tournaments – 2007: Hat-trick for Nadal and Henin, “Rafael Nadal reaches first final in New York after win over Mikhail Youzhny”, http://www.telegraph.co.uk/sport/tennis/rafaelnadal/7996898/US-Open-2010-Rafael-Nadal-reaches-first-final-in-New-York-after-win-over-Mikhail-Youzhny.html, “Nadal Tops Djokovic To Break Borg's Paris Record”, http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2012/06/23/Roland-Garros-Final-Nadal-Beats-Djokovic-To-Make-History.aspx, “Djokovic faces ultimate challenge against Nadal”, http://www.reuters.com/article/2012/06/09/us-tennis-open-men-idUSBRE85808U20120609, “What's your tennis IQ?

.

サッカー 節 英語 20, エアロバイク 消費カロリー 負荷 6, 恋つづ クランク アップ いつ 18, プリッツ ツイッター サブ垢 5, シューベルト レポートの 書き方 4, ゴリランダー 調整 ダブル 30, Vanbar A900 アップデート 16, Uverworld ベース チューニング 13, 西遊記2 ドラマ 動画 4, 風林火山 大河ドラマ キャスト 8, Ipad ミラーリング 音が出ない 7, 愛のかたまり カバー アーティスト 48, 相棒 夢小説 伊丹 裏 38, サッカー 背番号 12以降 5, デリカテッセン S 渡部 7, シン テレワーク システム 使い方 8, 石原さとみ 髪型 金麦 4, 家族の風景 歌詞 意味 12, パソコン 動画 保存 高画質 4, フランス競馬 日程 2020 5, ソシャゲ ロゴ 作り方 11, 電車 座席 向き 変え方 5, ジークンドー 大阪 天王寺 24, スターダスト アメリカ 馬 36, ファースト キス どう だった 4, マイクラ コマンド コピー 向き 22, シングルマザー 貯金なし 借金あり 5, なんちゃってシンデレラ おとぎ話の続き ネタバレ 17, ディズニーランド パレード ブログ 9, 火 書き順 変わった 18, マキタ 草刈機 部品 4, ポケモンgo マッギョ ガラル スーパーリーグ 29, ニーアオートマタ 工場廃墟 精巧な機械 8, 山田未来 ツイッター 静岡 6, ニフクラ Vpnゲートウェイ ブログ 10, 奇皇后 アユルシリダラ 誰 の子 22, ドローン 練習場 関西 5, Tal Wilkenfeld 身長 15, 名古屋 革靴 アウトレット 10, 潜在意識 恋愛 寝る前 16, 平野紫耀 指輪 2つ 4, 読書感想文 書き方 盲導犬 クイールの一生 6, モンスト魂の紋章 外し 方 21, アバローのプリンセス エレナ ビクトル 4, 車 黒ずみ マジックリン 5, イ ミンホ チ チャンウク 似てる 7, 物語シリーズ 死物語 発売日 4, 仮面ライダー ジオウ 15話 5, 正宗 刀 値段 5, 西島秀俊 自宅 どこ 6, Pubg 日本語 設定 7, Pubgモバイル バグ 直し 方 11, Ff14 ヨツユ 髪型 6, 目覚まし 二度寝 わざと 40, アイパー リーゼント 違い 5, 相葉 マナブ とうもろこし トースト 4, 新幹線 乗車券 定期 併用 4, 光一 剛 おにぎり 22, Lucky You 文法 6, 積水ハウス 室内ドア 調整 10, 斉藤 壮 馬 カラコン 6, Gre 点数 上がらない 7, ジオウ おじさん 黒幕 4, 心電図モニター 呼吸 波形 14, エアガン 初速 Fps 4, ぐらんぶる 漫画 最終話 24, 2m で作れる ワンピース 5,