} document.getElementById("tabirai_sidebar_recomend_feature_hdfAct_PcmGpId").value = vstrPcmGpId; } ニセコ名水 「甘露水」を実際に訪れた旅行者が徹底評価!日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでニセコ名水 「甘露水」や他の観光施設の見どころをチェック! ニセコ名水 「甘露水」はニセコで4位の自然・景勝地です。

ニセコグランドホテルの向かいにある「さかもと公園」の中にある水汲み場。「ニセコ甘露水」という名前の由来は、昭和29年(1954)8月に昭和天皇が、この冷たい湧き水を飲んだ時に「甘露である」と大変喜ばれたことから付けられた。

document.getElementById("tabirai_sidebar_area_txt_hdfAct_PcmGpId").value = vstrPcmGpId; document.getElementById("tabirai_sidebar_area_txt_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; 甘露水の観光情報 営業期間:営業時間:なし、交通アクセス:(1)JRニセコ駅からニセコパノラマラインに向かい、車で10分。甘露水周辺情報も充実しています。北海道の観光情報ならじゃらんnet ニセコ町内から昆布温泉(岩内町方面)方向へ進む。し document.getElementById("tabirai_sidebar_recomend_feature_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; ニセコでの宿泊はニセコ昆布温泉ホテル「甘露の森」へ。夏はアクティビティ、冬はスキーの後に自慢の天空露天風呂で美人の湯とも言われる温泉をお愉しみ下さい。また、日帰り入浴のお客様、フィットネス体験の方もお待ちしております。 document.getElementById("tabirai_sidebar_all_japan_txt_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; function fncPcmLogOutClick(vstrPcmJumpUrl, vstrPcmGpId, vstrPcmCmId) {

甘露!甘露!ニセコの湧水 - ニセコ名水甘露水(虻田郡)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!旅行者からの口コミ(109件)、写真(38枚)と虻田郡のお得な情報をご紹介して …

} ニセコ甘露泉は、ニセコグランドホテルの向かいにある「さかもと公園」の中にあり、美味しい湧き水がくめる名水のスッポトです。昭和天皇がニセコ甘露泉を「甘露である」と喜ばれたところから「甘露水」と付いたそうです。ニセコ甘露泉はミネラルウォーターに最適。 水がおいしいことで有名なニセコ。ニセコ連山の自然湧水は「甘露水」と呼ばれますが、その名の由来は昭和29年(1954)8月に昭和天皇がニセコに滞在し、冷たい湧き水を飲んだ時に「甘露である」と大変喜ばれたことから付けられたと言われています。ニセコには、湧き水を汲める名水スポットが多数。「ニセコ甘露泉」もそのうちのひとつです。ニセコグランドホテルのすぐ向かい、「さかもと公園」の敷地内にあり、水汲み場は道路に面しています。駐車場もあるので、通りがかりでも気軽に立ち寄ることができますよ。湧き出る水はまろやかでほのかに甘く、とても冷えています。汲んできた水をそのまま飲むのも良いですが、コーヒーや、米を炊く際に使うのもおすすめです。ただし、まれに水圧の関係で水の出方が変わり、勢いよく水が出てくることもあるので要注意。甘露泉の1日の湧出量は1440トン。週末になるとたくさんの人が水を汲みに訪れ、ニセコ周辺のレストランやカフェ、蕎麦屋、パン屋などでも調理に使用されています。近くに水を持ち帰れる容器などは販売していないので、水を汲みに行くのならペットボトルやポリタンクなど容器の準備して訪れてくださいね。, ■さかもと公園 甘露泉【住所】北海道虻田郡ニセコ町ニセコ413-55 【交通アクセス】JR:函館本線ニセコ駅から車で約10分    車:札幌中心部から約2時間(国道393号経由)【駐車場】あり 無料【問い合わせ(TEL)】ニセコリゾート観光協会 0136-43-2051―【ニセコの観光情報をもっと知る】――・ニセコ観光で役立つ!ニセコの人気観光スポット―――――――――――――――――――,