みんな大好き檸檬爆弾。今日は梶井基次郎『檸檬』を読んでいこう。今回もあらすじは省略する。谷崎潤一郎『刺青』と同様に、かなりコンパクトな短編であるからだ。(しかしその内容は強烈だ!) 青空文庫のリンクを貼っておく。 梶井基次郎の描く短編小説『檸檬』。作品の名前くらいは、高校の教科書で誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、その筋らしい筋の無いストーリーと唐突なラストに「一体作者は何が言いたいんだ!」と本をぶん投げたくなった人も多いは

さて、どうするか…… いきなり... というわけで、今回は高校入試の "感想文の書き方"シリーズも今回で 「感想文の書き方」シリーズ、

私は、「えたいの知れない不吉な塊」に苦しめられていました。それは病気のせいでも、借金のせいでもありません。その頃の私は、みすぼらしくて美しいものを好んでいました。 一方で、生活がまだ安定していたころの私の好きな場所は、丸善(書籍や文房具を扱う書店)でした。しかし生活がすさんでか … という場合まで、千差万別でしょう。 主人公である”私”の心は、”えたいの知れない不吉な塊”に始終押さえつけられていました。”私”は、どうにもみすぼらしくて美しいものに心ひかれています。汚らしい洗濯ものが干してあったりするような裏通り、土に還ってしまうような土塀、そういうものが好きなのです。廃墟好きですね。なんとなくその気持ちがわかります。欝々とした心を胸に秘め、茫洋と街から街へと浮浪していたわけです。 さて、ある夜のこと。そんな彼が心ひかれたのは、寺町通のまさしくみすぼらしくて美しい果物屋でした。 …

知りたいといっても、 特に謝罪や依頼など、神経を使わ... 大根飴ってご存じでした? やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズ、 今回は梶井基次郎の『檸檬』 (1925)で参りましょう! ⦅広告⦆クリックすると楽天市場へ さて、一口に「あらすじ」を 知りたいといっても、 話 …

毎週日曜、オンライン読書会を開催しています。

そこで出血大サービス((((((ノ゚゚)ノ, […] ・「三島由紀夫の名作『金閣寺』:「猫=虫歯=美」で感想文(8)」・ ・「梶井基次郎『檸檬』は危ない青年の”爆弾”だ!”高等”感想文(9)」・ ・『太宰治『人間失格』に読む「世間」への抗議:”高等”感想文(3)』 […], […] レモン爆弾の不吉さ:梶井基次郎『檸檬』で感想文(8) | 笑いと文学的感性で起死回生を!@サイ象 より: 2014年12月12日 4:34 PM […], 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, ピンチのあなたに助け舟を! と重ねてきました  “なんでもあり”の お役立ち ブログもついに総計600記事を超えました。これからも頑張りま~す((((((ノ゚⊿゚)ノ, 読書関係の記事をまとめて一冊の本を刊行することもできましたY(^^)Y。こちらもごひいきに~;↓↓↓. ゼミに入らない手はない! 梶井基次郎の『桜の樹の下には』のあらすじ、解説、感想とかとか。 - 良い本ドットコム. お喋りしたのは

ゴイチドク ,

早や第119回! 【あらすじ】梶井基次郎『檸檬』 えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終 圧 おさ えつけていた。 焦躁 しょうそう と言おうか、嫌悪と言おうか――酒を飲んだあとに 宿酔 ふつかよい があるように、酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。 ⦅広告⦆クリックすると楽天市場へ

さて、今回は日本の近代作家・森鴎外の『高瀬舟』について解説をしたいと思います。この作品、「とにかく硬くて地味」なイメージではないでしょうか。 『高瀬舟』というタイトルは「え?なんの船?」って感じですし、作者の森鴎外についても、... 皆さんは「滅び」というものについてどのようにお考えですか? 私個人の意見を述べさせていただけば、「滅び」は物悲しさを感じさせる一方で、この上のない「美しさ」を合わせ持つ現象であると考えています。 このサイトで以前紹介した「平家物... 「吾輩は猫である。名前はまだない。」 このあまりに有名な書き出しから始まる作品が、今回ご紹介する夏目漱石の小説『吾輩は猫である』です。 現代でも様々な作品のパロディになっているので、ほとんどの日本人がこのフレーズを知って... 謎、というものに、どうしようもなくひきつけられることはありませんか? そもそも「生きていること」それ自体が大きな謎です。 だからこそ、謎に引き付けられるのは自然であり、ミステリが時代を問わず支持される理由なのかもしれません。 ... 『犬神家の一族』というタイトルを聞いたことのある方は多いと思います。 なぜなら、三度の映画化や七度のドラマ化などでたびたび映像になっているから。 加えて、本作に登場する名探偵・金田一耕助も極めて有名です。日本三大探偵とも... そのきれいな水は、ガラスよりも水素よりもすきとおって、ときどき眼めの加減か、ちらちら紫むらさきいろのこまかな波をたてたり、虹にじのようにぎらっと光ったりしながら、声もなくどんどん流れて行き、野原にはあっちにもこっちにも、燐光りんこうの三角標... 『わたしを離さないで』のあらすじや感想、解説と考察(ネタバレ有)!登場人物の描写が見事な小説, 『最後の事件』のあらすじや感想、聖地の解説(ネタバレ有)!モリアーティー教授とホームズの運命は…?, 『踊る人形』のあらすじや感想、トリビアを解説(ネタバレ有)シリーズでは珍しい「暗号もの」の傑作!, 『まだらの紐』のあらすじや考察、トリックを解説!作者コナン・ドイルが最も愛したシャーロック・ホームズ短編, 『赤毛組合』のあらすじや感想、内容を解説!作者コナン・ドイルもお気に入りの名作短編!.    彗星読書夜話は、古今東西の、真に価値ある文学作品を解説する音声プログラムです。ここでは、そのダイジェストをまとめて文章にしてあります。本来40分ほどの音声版の内容を、10分ほどで読むことができます。, 取り上げる作品を読んだことがない人、「名前だけは聞いたことあるなあ」という人でも、お楽しみいただけるようになっています。, これまで、文学作品を扱うネットのコンテンツは、それを作った人の「解釈」を語るだけのものがほとんどでした。, 彗星読書夜話は、「解釈」ではなく、その代わりに、その文章から学び取れる、いくつもの「方法」をお伝えします。思考の方法、認識の方法、作文の方法、シナリオ作りの方法。そして、作者のコントロールを超えて、なおかつ論理的に、そして創造的に深読みする方法。さらに、作品を通して、歴史・芸術・哲学といった人文科学の領域の様々なキーワードを学ぶこともできます。, 今回取り上げるのは、小説家・梶井基次郎の短編小説「檸檬」。青空文庫へのリンクはこちら高校生の頃、教科書で読んだ人も多いかもしれません。また、名前だけは知っている、という人もいるのでは。, ・クオリアを語る文章モデルとしての「檸檬」人には誰でも、その人の好きなものがあります。それを人に説明するのは、意外と難しいものです。梶井基次郎は、自分が好きなものを文章で書く方法を熟知していました。「クオリア」という言葉をキーワードに、実例を見ながら、彼の表現方法を学び取ってみましょう。, ・象徴(symbol)について世界一わかりやすく説明するこの小説は、不安・憂鬱・美しさ、そして様々なイメージを、「檸檬」という一単語に凝縮させる、ひとつの装置とも言えます。一見、レモンが何かの「象徴」のようにも思える。では、「象徴」とは何かを学んだ上で、あらためて考えてみましょう。レモンは、果たして何かの象徴なのでしょうか?, ・空間を幻想的に描く作文方法を知る「檸檬」では、現実世界が、語り手の主観的で鮮やかなイメージを通して描写されます。これこそ、この作品にファンの多い理由なのですが、それを可能にしている文章の書き方を解明します。実は、各段落の1行目に、秘密があるのです。, 「えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。」語り手は、美しいと自分が感じたものを記憶の中から取り出しながら、京都の路をぶらついている。病気もあるし、借金もあるし、持ち金は残り少ない。, 外見の美しい、お気に入りの果物屋に、普段は置いていないレモンを見つけ、1つだけ買うことにした。それを握りながら歩くと、「不吉な塊」はゆるんだ気がした。, ふと通りかかった書店・丸善に入り、画集を引き出しては積み重ねてゆく。憂鬱と疲れが再び満ちて来るなか、思いつきで、本の山の上にレモンを置く。不意にある空想が浮かび丸善を出る。あのレモンが爆弾だったら。画集の棚の前で爆発したら。「私はこの想像を熱心に追求した。「そうしたらあの気詰まりな丸善も粉葉みじんだろう」」語り手は、街の奥へ歩き去っていく。, 梶井の生没年は1901~1932年。本作は1925年に発表されました。また、梶井は肺結核を患っており、本作の語り手にも肺結核の初期症状が出ていることから、語り手は作者の実像を強く反映されているのですが、今回は、作者と語り手をハッキリと分けて話を進めます。, 自分が好きなもの、魅力的だと感じるものについて、誰かに話したい時。そして、そんな話題から、相手との会話を始めたいとき。雑談やアイスブレイクに使える技術を、この小説の文章技術から学べます。脳の中で生まれる「質感」を、クオリアと言います。これは、聞き慣れない言葉ですが、実は私たちがいつも感じているもので、理解するのは簡単です。, 今、手元に、ステンレスのカップがあるとします。冷蔵庫でキンキンに冷やしたコーラを注ぎます。取っ手を持つと、マグカップのツルツル感とは違う、金属っぽいツルツル感がある。側面を持つと、ステンレスだから、もうびっくりするほど冷たい。飲む瞬間、フチが歯に当たると、カチンという金属ならではの音がする。脳の中で、容易に想像できたでしょう。この、触り心地、温度、音、そのどれもが、「クオリア」なのです。, 「檸檬」は、クオリアの小説。ちょっと飾って言えば「クオリア文学」です。語り手が魅力的に思ったクオリアを、あれこれと並べています。よーく観察すると、語り手が好きなものを説明する時、かなり「聞かせる」方法を使っていることがわかります。今から、3ヶ所を引用してみます。最初の部分に注目してみてください。, 私たちは、好きなものや、魅力を感じるものを他人に説明する時、暴走しがちです。聞く立場に立ってみると、「で、要するに、どこが良いわけ?」と思われても仕方のないくらい、伝わらない細部を最初から熱く語ってしまいがちなのです。, この語り手はどうでしょうか。最初の部分、他人に話す際の「ツカミ」として、かなり優れていますね。要するに、単に「〇〇が好きだった」ということだけをまず語る。そのあとに、細部を説明し、本当に語り倒したい部分を教える。これ、たとえ目の前の相手と、好みや嗜好が全然重ならなくても、相手に自分を伝えるためのテクニックとして効果的です。, レモンなんてしばらく手にしたことのない私でも、感触、色彩が、ありありと想像できます。ここにも、先ほどと同じテクニックが使われています。おそらく梶井は、クオリアなんて単語を知らないままに、それを理解し、それを書き残すためにこの技法を体得し、小説を書いていたのだと思います。, 象徴(シンボル)という、よく聞くけれど、どこか難しそうに感じる考え方を、わかりやすく解説します。, この小説は、「異化」と「象徴」を学ぶ絶好の素材です。この、ただのフルーツでしかないレモンに、特別な意味を与える、というこの操作は、芸術理論では「異化」と言います。普段見慣れたものを、まるで新しいものであるかのように思わせること――それが異化です。, 「檸檬」は、日本文学における異化の最大の成功例のひとつでしょう。ただ、異化については別の作品で取り上げたいので、ほかの機会にゆっくりお話しするとして、今回は、「象徴」とは何かをお話しします。, 「AはBの象徴だよね」という言い方は、その根拠が確認されず、独り歩きすることの多い言い回しです。思考を妨げている、ともいえるでしょう。では。本作において、レモンは何かの象徴なのでしょうか?それとも、あまりそう考えない方がいいのでしょうか?, 象徴、シンボル、という言葉は、文化を語る上でほんとうによく使われますよね。しかし、国語辞典には、明快な説明が載っていないことが多いのです。記号論という見方で、ハッキリさせていきましょう。, 象徴は、記号の一種です。記号とは何か、を、まず確認します。Aというものが、今ここにはないBというものを指し示しているとき、このAが、記号です。, 「そうだ、コーヒー切れてたよね、新しいの買って来るよ」と誰かに言うときの「コーヒー」と言う言葉がA、買いたいコーヒーそのものがBに当たります。(本当は、言葉は全部記号です。), 1:表現(私たちがまず受け取るもの。例えば「犬」という漢字)2:対象(表現が指し示すもの=本体。例えば犬という動物そのもの)3:解釈項(人が思い描く、対象のイメージ。例えば犬のイメージ)と3つの要素に分ける方法。, もう1つは、1:表現(または記号表現。元の言葉は「シニフィアン」)2:対象(または記号内容。元の言葉は「シニフィエ」)の2つに分ける方法です。今回は、話をわかりやすくすりため、2つの要素に分ける方法で、この先を読み進めてください。, 「記号論」という学問では、記号の種類を・icon(訳語:類像)・index(訳語:指標)・symbol(訳語:象徴)の3つに分けています。, iconは、表現と対象に、見るからにわかる関連性があるもの。例えば写真。当たり前ですよね、Aさんの顔写真は、Aさんを指し示しています。肖像画もiconです。indexは、客観的に関係があると言えるもの。風見鶏は、風の吹く方向を示しますから、indexですね。グラフもindexです。symbolは、表現と対象のあいだに、客観的な関連性がない記号のこと。リンゴは「禁断の果実」? でもそれは聖書の「創世記」のエピソードが由来となっているにすぎません。本は「知恵」の象徴? でも、バカな本、アホな本はいくらでもあります。, 象徴とは、恣意的なものです。ある文化圏の中でしか、通用しません。でも、1つの小説の中で、「AはBの象徴だ!」と主張されていたら、小説の中にその文化圏が成立します。その小説が多くの人に知れ渡ったら? AはBの象徴として、誰もが認めるものになるかもしれません。, では、なぜ人は、象徴なんてものを作るのでしょうか?理由はいろいろありますが、象徴の機能の1つに、「その象徴を見ると、特定の感情を引き起こす」、があります。4は不吉な数字。13は不吉な数字。7はラッキーナンバー。数字の意味合いで感情が揺れる人、意外と多いです。, 起源はあっても、こんなものに根拠なんかありません。しかし、それを見る人の脳に、瞬間的に感情という名前の化学反応を起こさせます。それほど、象徴とは、強い機能なのです。これを、意図的に用いるなら。多数の人の心理を操作することもできそうじゃありませんか?, 本作において、空想の中で爆発するレモンは、何かの象徴なのでしょうか?たとえば、「不安や憂鬱を解消するもの」のような?その通り。少なくとも、読者に対して、象徴として機能しています。たった小説ひとつで、強力な象徴を作ることに成功しています。でも、梶井は、読者がレモンにいろいろなものを代入できるように書いています。熱を吸い取ってくれるもの。美しいもの。限定がかなりゆるい。ある程度方向性は揃っているけれど、具体的には読者が自由に捉えていい象徴。これにより、多くの読者を巻き込む。だから、読者に強い作用をもたらすのです。, この小説の最大の魅力は、語り手が、モノや記憶や街を描写する、その語り口です。想像力豊かなこの語り手は、目の前にないものまで引き合いに出しながら、描写し続けます。, では、本作とその他の小説の違いは、どこにあるのでしょうか?この秘密を知る事ができれば、誰でも本作の文章をマネできそうです。「クオリアを語るモデルとしての「檸檬」」の内容を、別角度から見てみます。, 秘密は、ひとつひとつの段落にあります。ここでも、第1文に注目してみましょう。例えばこの段落。, 1文目に語り手の空想が書かれていますね。その次に、補足説明がある。その後ようやく、現実世界に言及する。これまでに出した引用文も、この共通点を持っています。, これ、小説に限った話ではなく、文章を書く時の大半に当てはまる事なのですが、段落の1文目が、その段落の印象を決定するのです。いや、印象というより、その段落の方向性を決めるのです。言わば、その段落の「枠」が、1文目なのです。これが、客観的な文章から始まると、様変わりします。, 評論や新聞記事ではなく、あえて同じ小説である、芥川龍之介「歯車」の冒頭から引いてきました。現実に起こった事の報告があり、それの補足説明があり、それに対して思った事が書かれます。ここには、空想や幻想は入りにくい。, 一方、梶井の書き方は、段落の「枠」を主観にして、見える世界も自分色に染めている。まさしくそんなことに言及している部分がありましたね。, もちろん、本作には、事実から始まる段落もあります。一貫しているわけではありません。この、段落のミックスのさせ方が、本作の幻想的イメージを支えているのです。, 「檸檬」は、短い小説なのに、語れることの多い小説です。だから、他の人と一緒に語るほど面白い。いつまででも語れる。私の読書会でも、何度も取り上げています。今回は、そんな稀有な作品の魅力を支えている論理的な土台を解説しました。, 人と人を書物でつなぐためのサイト&プロジェクト『彗星読書倶楽部』。

"感想文の書き方"シリーズとしては 今回は梶井基次郎の『檸檬』

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズ、 今回は梶井基次郎の『檸檬』 (1925)で参りましょう! ⦅広告⦆クリックすると楽天市場へ さて、一口に「あらすじ」を 知りたいといっても、 話 …

今回は日本の殻を破って近代中国の... シェイクスピアといえば世界の文豪の

読書感想文を書くんだから やあやあサイ象です。 教授など目上の人へのメールの 中でも、文句なしの大文豪。

少なくありませんよね... というわけで、本日のテーマは大学の 暴露サービス第139弾。 と首をひねっていたんですが、やがて

第73弾となります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […] 『桜の樹の下には』という小説をご紹介します。作者は梶井基次郎です。『檸檬』とか『城のある町にて』で有名な梶井基次郎さんです。とてもとても短い小説?詩?でして、あっという間に読み切れます。原稿用紙四、五枚とかじゃないでしょうか。 […], […] 『蜜柑』というと、永井龍男さんの『蜜柑』だったり、梶井基次郎の『檸檬』だったり、その爽やかさの象徴として結構出てきます。柑橘系文学は名作が多いですね。 […], […] 信子さんへの恋?心が煌めいたり、妹と勝子が重なっているように思えたり、風景や人々とのささやかなりし交流の美しさが光る作品です。『檸檬』を読んだ方は、ぜひこちらもご一読くださいませ。 […], […] 『Kの昇天』の詩的でちょっと病的でかつ美しい世界観が気に入った方は、同じく梶井基次郎が書いた『檸檬』や『桜の樹の下には』も読んでみると良いでしょう。この二作品はやはり梶井基次郎作品の中でも特に素晴らしいものです。 […], […] 梶井基次郎と言えば、『檸檬』とか『城のある町にて』でおなじみの作家で、みずみずしい感性で独特の世界観をつくり上げてきた人ですね。 […], […] 『檸檬』や『城のある町にて』など、その瑞々しい感性と知性あふれる文章で今なお多くの読者を魅了する梶井基次郎は、1932年、昭和7年3月24日午前2時に31歳の若さでこの世を去りました。結核にかかっていたのですね。 […], […] 『桜の樹の下には』という小説のあらすじや解説、感想を交えてご紹介いたします。作者は梶井基次郎です。そう、『檸檬』とか『城のある町にて』で有名な梶井基次郎さんです。1928年、昭和3年に『詩と評論』誌上に発表されました。 […], […] 『蜜柑』というと、永井龍男さんの『蜜柑』だったり、梶井基次郎の『檸檬』だったり、その爽やかさの象徴として結構出てきます。柑橘系文学は名作が多いので、そちらも読んでみると良いでしょう。 […], 『城のある町にて』は、梶井基次郎の小説です。1925年、『青空』誌上にて発表されました。 可愛がっていた妹が亡くなってしまい、その傷が癒えるまで?の城のある町の風景と峻自身の心象風景が描かれ続ける、あ …, 梶井基次郎という人は 1901年、明治34年生まれで、亡くなったのは1932年、昭和7年。わずか31歳で亡くなった、いわゆる夭折の天才作家です。 若いころから肺病にかかって、常に病が付きまとうような状 …, 梶井基次郎は結核と共に生きた夭折の天才です。大正期、昭和初期に作品を遺した作家で、病弱な体のおかげもあってというと、その研ぎ澄まされた精神はますます尖り、その感性は美しい名文を紡ぎ出してきました。 わ …, 『桜の樹の下には』という小説のあらすじや解説、感想を交えてご紹介いたします。作者は梶井基次郎です。そう、『檸檬』とか『城のある町にて』で有名な梶井基次郎さんです。1928年、昭和3年に『詩と評論』誌上 …, 梶井基次郎に『路上』という短編小説があります。1925年、大正14年の9月に書かれたもので、『青空』にて発表された作品だそうです。 坂道を下るときに足を滑らせてコケかけるだけの話なんですが、これを文学 …. (1925)で参りましょう! というわけで、おなじみ「あらすじ」 輝き、広く世界に知られたものも Copyright©

話の骨子だけでいいという場合から、

     

『檸檬』は梶井基次郎が1924年、大正13年10月に書きあげた短編小説で同人誌「青空」誌上にて発表されました。梶井基次郎は20編程度の小説を遺し、31歳という若さで夭折した作家です。ちょっとこう、ゴリラっぽい顔つきの写真でおなじみでしょうが、結核を長らく患い、常に死と倦怠にとらわれつつも、その凄まじい感性で様々な美しい光景、心情、発見を綴った作家です。ちなみに、大阪の出身の人です。, 『檸檬』は梶井基次郎が遺した作品でおそらく最も著名な作品でしょう。多くの作家にもこの『檸檬』は絶賛されまくっている日本文学屈指の名作の一つであり、かの三島由紀夫は、この檸檬を日本最高の短編小説であると評していたりもします。さて、ではこの『檸檬』、何がそんなに素晴らしいのでしょうか?, 主人公である”私”の心は、”えたいの知れない不吉な塊”に始終押さえつけられていました。”私”は、どうにもみすぼらしくて美しいものに心ひかれています。汚らしい洗濯ものが干してあったりするような裏通り、土に還ってしまうような土塀、そういうものが好きなのです。廃墟好きですね。なんとなくその気持ちがわかります。欝々とした心を胸に秘め、茫洋と街から街へと浮浪していたわけです。, さて、ある夜のこと。そんな彼が心ひかれたのは、寺町通のまさしくみすぼらしくて美しい果物屋でした。そこに、檸檬が売っていました。”私”は檸檬を買って懐に入れます。すると何だか心が晴れるのですね。たった一果の檸檬を懐に入れているというだけで。, 金がなく、普段から避けていた丸善にも悠々入り、画集なんぞをめくりだすのです。しかし、不思議とちっともつまらない。先ほどのまでの幸福感がするすると逃げていってしまうのです。, そこで、”私”はそうだ、檸檬だと思い至るのです。この憂鬱たる画集を重ね、色彩の城をつくりはじめます。そして、その城郭に、檸檬を置いたのです。, さらに”私”は、もうひとつのアイデアをひらめくのです。そうだ、このままにして出ていっちゃおう、と。, “私”は何食わぬ顔をしてその店を出て、あの檸檬が爆弾で、木っ端みじんに丸善の美術棚を爆発させたらどんなに面白いだろうと思うのでした。, 本屋で檸檬を爆弾に見立てて置いていくという、何とも不思議な作品ですね。なんなのでしょう、この妄想の爆弾魔は。, 上記あらすじを読んで、なんだその話と思った方もいらっしゃるでしょうが、”私”の心情には、若者特有の陰鬱さ、憂鬱さ、またその対極に位置する晴れやかさ美しさが描かれており、それが今なお多くの読者の心をとらえて放しません。, 『檸檬』は、暗く、重いだけの小説ではありません。文章全体にみずみずしい知性がみなぎっており、まさしくこの短編小説そのものが一果の檸檬であるかのごとく感じられます。, 一読するとなんということのない小説かもしれません。が、読めば読むほどにあらゆるメタファー、いわゆる純文学めいたものから解き放たれた知性にどうにも感服してしまいます。, 本作『檸檬』を読むには、梶井基次郎が当時どういう状況にあったかを知る必要がありますので、そちらをご紹介していきたいと思います。, 本作は1924年、大正13年の10月に書かれた作品で、作者梶井基次郎はその時23歳でした。梶井基次郎という人は病気に苦しめられた人で、二十歳くらいの時に肋膜炎に罹って、 さらに軽い肺尖カタル、要は初期の結核になってしまい、後の京都大学にあたる第三高等学校を休学しています。ちなみに、彼は理科甲類でエンジニアを目指したりしていました。, その中で夏目漱石全集を買って猛烈に文学を志すようになり、また同時にひどく退廃的なデカダンス的な方向に落ちていきます。ちなみに退廃的になったきっかけは、ある秋の夜に月を見ようとボートで出て、そのあとつなぎ忘れて流れていくボートを拾おうと水中に飛び込み、寒さに打ち震えて酒を飲みまくり、それで酔っ払った勢いで、俺は童貞を捨てるぞ!と女を買いに行って、「純粋なものがわからなくなった」とか「堕落」とか言い出すようになったそうです。, それで、その後は女は買い、酒は飲み、甘栗屋の鍋に牛肉を投げ込んだり、中華蕎麦屋の屋台をひっくり返し、借金の重なった下宿から逃亡したり、自殺を企てたり、ケンカしたり、警察に捕まったときには犬の鳴きまねをしたり、ビール瓶で殴られたりムチャクチャです。, それで三高を五年かけて卒業した後、1924年に東京大学イギリス文学科に進むため、上京します。というわけで、『檸檬』の話は京都三高時代の話なわけですね。三高時代にいろいろモノは書いておりまして、1922年頃から『瀬山の話』を書き『貧しい生活』を書き、『犬を売る露店』を書き、『雪の日』を書きました。その中で『檸檬の歌』というのを書いており、その中の一部を抜き出し、改稿したのが『檸檬』なのです。, そういう状況の中において梶井基次郎が書いたレモンとは果たして何なのか。自己の鬱屈した現実、病気に侵された肉体。それを吹き飛ばすような瑞々しき一つのレモン。, 現実は彼にとっての一つの美(レモン)と同等である。また、彼が憂鬱であるがゆえにその美は出現した。, この美が、現実と同等、いやそれどころか現実を破壊するようなものであってほしい。退廃的でありながら、美を求め続けた梶井基次郎の姿勢が本作に現れているのではないかと思います。, 本作はすさまじいほどの評価を受けている作品で、その一部をご紹介したいと思います。天才詩人中原中也の友人であり、この人も天才批評家であった小林秀雄の評です。, これは言うまでもなく近代知識人の頽廃、或いは衰弱の表現であるが(尤も今日頽廃或いは衰弱の苦い味をなめた事のない似非知的作家の充満を、私は一層頽廃或いは衰弱的現象であると考えている)、この小説の味わいには何等頽廃衰弱を思わせるものがない。切迫した心情が童話の様な生々とした風味をたたえている。退廃に通有する孤児もない。衰弱の陥り易い虚飾もない。飽くまでも自然であり平常である。読者はこの小説で『檸檬』の発見を語られ、作者が古くからもっていた『檸檬』を感ずる、或いは作者がいつまでも失うまいと思われる古蔵ならない『檸檬』を感ずる。, と、『檸檬』のすばらしさを端的に書かれています。惜しむらくは、この評論は発表より7年後に出たもので、梶井基次郎が亡くなる直前だったのですね。, 当時は田山花袋の自然派だの谷崎潤一郎の耽美派だの志賀直哉の私小説だの芥川龍之介の新感覚派だのと様々な文学論がひしめき合っておりましたが、この『檸檬』はそのどれとも違う。比喩でもなく心情の吐露でもなく、ただただ美しき知性が一個の果実に凝縮されているかのようです。, ちなみに、『檸檬』という小説は、「青空」という同人誌の創刊号にて発表されました。この同人誌は「新思潮」に対抗し、中谷孝雄や小林馨などの東大の作家志望者中心につくられた同人誌でした。これは猛烈にお金がなく、知り合いの伝手を頼って、岐阜刑務所の作業所で印刷されたものでした。それもあり、この『檸檬』は発表当時全く何の注目もされなかったのでした。, 檸檬が置かれた京都丸善は実在しておりまして、1907(明治40)年に京都・三条通麩屋町にて開設し、その後河原町通蛸薬師へと移設されましたが、2005年にいったん閉鎖しております。その際には、この梶井基次郎『檸檬』のファンがたくさんの檸檬を置いていったそうな。, それから10年、2015年8月21日に河原町の京都BALにて復活します。店舗内には、まさかの檸檬置き場もあるそうですよ。京都に行った折には、ぜひ檸檬を置いていきましょう。, 『檸檬』は何かのメタファーではありません。真実彼の心をとらえて放さない、みずみずしき一果の果実なのですね。まさしくみすぼらしくも美しい読後感が残ります。ぜひご一読くださいませ。.

.

サル 目 寿命 9, 楕円底 バッグ 編み図 6, サッカー スピードスター 歴代 4, Fifa 能力値 歴代 6, 点と線 ドラマ 動画 5, チーム名 決める アプリ 17, モンハン 3g 古代鮫を狩りつくせ 4, 振動マシン 子供 影響 9, 急ぐ 類語 熟語 7, ワイヤークラフト 楽器 作り方 4, サムゲタン レトルト 韓国 7, Microsoft Teams 音声会議 27, 猛禽類 飼育 初心者 16, ゴリラ マッチョ グラブル 18, ポケモンgo 座標 100 42, 白い巨塔 18話 あらすじ 9, アウトランダーphev リフトアップ 費用 15, Bar Wing エアロバイク 5, ビリギャル れいじ その後 12, 彼女持ち 告白 させる 31, ジェシー 恵比寿 焼肉 場所 6, マインクラフトダンジョンズ ハープクロスボウ エン�%8 11, シン ケンジャー 名言 9, 完全なる飼育 愛の40日 フル 37, はるな愛 声 違う 19, Full Force 歌詞 6, ナサケの女 視聴率 打ち切り 4, 昼めし旅 ナレーション 渡部陽一 6, 堂本剛 ケンシロウ 誕生日 19, 相澤消太 血 小説 8, カブトムシ イラスト 簡単 9, 亀 オス 卵 28, 遊ぶ 尊敬 語 4, 謀反 意味 わかりやすく 19, 脳裏 上のクラッカー 読み方 14, ヒルナンデス 副業 Tシャツ 10, Vtuber ムラタ 顔 28, ラーメン 田 田 カロリー 30, 自動車 部品業界 動向 2020 5, ヤクルト 助っ人外国人 2020 4, 中山駅 パン屋 オープン 9, ウイイレ 3バック 監督一覧 22, 山本 美 月 い だ てん 14, スプラトゥーン2 通信エラー ペナルティ 44, Regal ドイツ語 性 15, 恋愛 駆け引き 女を落とす 10, 古畑任三郎 Pandora 3 23, Wolf Rpgエディター フリーゲーム おすすめ 7, 妻夫木聡 成田凌 Cm 16, 卓球 中学生 市 大会 4, ガーディアンズオブギャラクシー アベンジャーズ 繋がり 19, 蒼 樹 うめ マギレコ Id 15, ブラシレスモータ ドライバ Arduino 6, Jpg パスワード 解除 9, Spotted Flower 32 16, アスタリスク 事務所 評判 26, しゃべくり007 6月22日 無料動画 4, 長嶋 一茂 高嶋ちさ子 親戚 14, 黒岩 博士 の 恐怖 1 4, 昆虫すごいぜ 手紙 宛先 7, Lol Moca 不仲 21, 告白 振られた 他に好きな人がいる 9, 北海道 勉強 カフェ 4, スト5 G 正体 13, Train Drive Ats 3 車内放送 8, 平泳ぎ ストローク数 目安 33, ヤマナカ ネットスーパー 配送料 4, Relax Time 時計 37, 寝ても覚めても ロケ地 枚方 25,