感謝や思いやりの四字熟語は、温かくてためになるものばかりです。お礼を伝える際に、ふさわしい言葉が出てこなくて困ったことはありませんか?実はそんなときにピッタリな四字熟語があるんです。今回は感謝や思いやりについての、ためになる四字熟語をご紹介します。 「衡」は横という意味。「連衡」は合従の対抗策として秦の張儀が使った策略で、秦と組む利を説いて合従から抜けさせ、秦と各国が横(東西)に同盟を組むというもの。, 大きな組織で上役の言いなりになるよりも、小さな組織で上に立つほうがよいということ。

「柔なるは茹い剛なるは吐く」とも読む。, 能力の弱い者が能力の強い者に勝つこと。 「温言」は優しい言葉。 「五障」は仏教の言葉で、梵天、帝釈天、魔王、転輪聖王、仏のことで、この五つは女性がなれないとされていた。 「発外」は表に出ること。, 見た目は大らかに見えるが、心は厳しく、無慈悲なこと。 「温良」は優しく穏やかなこと。 「快活」は元気がよく、明るい様子。

または、行動や言動が普通の人とは違う奇人、風変わりな人のこと。 「従」は縦という意味。「合従」は強大になった秦に対して、周辺の六カ国が縦(南北)に同盟を組んで対抗するという蘇秦の策略のこと。 「方」はまさに、ちょうど。 孔子が儒教の基本経典の『詩経』を評した言葉で、詩は昔の純朴な民情で満ちていて、これが人に感動を与えて教化する力を持っていると説いたもの。, 恥ずかしいと深く感じること。

「剛柔」は強いことと、優しいこと。, 穏やかで優しそうな見た目をしているが、実際には何事にも意思を曲げない強い心を持っていること。 「顔厚」は厚かましいこと。

「諂佞」と「阿諛」はどちらもお世辞を言ったりして、気に入られるために振る舞うことで、似た意味の言葉を重ねて強調した言葉。, すぐれた技術や、その技術を持つ人物などに心が惹かれ真似をすること。 「乾」は乾くという意味から、中に何もないこと。 「柔」はやわらかくて弱いという意味。, 穏やかで優しそうな見た目をしているが、実際には何事にも意思を曲げない強い心を持っていること。 「聴従」は言われたことに素直に従うこと。 孔子が儒教の古典『詩経』を評した言葉で、詩は昔の人々の純朴な民情で満ちており、人に感動を与え教化する力を持っていると説いたもの。, 性格が明るく、落ち着いていて素直な様子。 「敦厚」は情に厚いこと。 「緩急」は緩やかなことと、厳しいこと。 「故きを温ねて新しきを知る」とも読む。, 温かく優しい性格のこと。 「曲学」は正しいと認められた道理を曲げた学問のこと。, 非常に無残でむごい様子のこと。 「便佞」は口ではうまいことを言いながら、誠意がまったくないこと。そのような人のこと。, 他人の悪口を言って、相手に媚を売ること。 「剛吐」は固い食べ物を吐き出すこと。

「剛」はかたくて強いという意味。 または、非常に意志が固いこと。 「追善」は死者の死後の幸福を祈る仏教の行事。

前向きでいい意味の四字熟語、努力を目標にするかっこいい座右の銘など、最近四文字熟語が熱いですね!短く凝縮された好きな言葉、おすすめの言葉、思わず笑顔になる楽しい言葉など、ここでは四文字熟語の魅力盛りだくさんに集めました。 「阿衡」は中国の殷の賢臣の伊尹が就いた官職の名前。 「柔茹」は柔らかい食べ物を食べること。

「供養」は供え物をして、死者の死後の幸福を祈ること。, 走って逃げる賊などを追いかけるという意味。 「顔厚にして忸怩たる有り」を略した言葉。, 情に厚く、注意深いこと。 「柔」は優しいや地味という意味。 「爾雅」は言葉や文章などが美しいこと。, 性格が明るく、落ち着いていて素直な様子。

「金輪際」とも言う。, 自分の意見を持たず、その時によって都合のいいほうについていくこと。または、そのような人のこと。 「迎合」は相手の気に入るように調子を合わせること。, 相手の気に入るように口先だけのうまいことを言って、調子を合わせること。 人の性格を良質の宝石にたとえた言葉。, 心がおだやかで、態度や言動が礼儀にかなっていること。 「阿」は吐く息、「吽」は吸う息のことをいい、互いの呼吸が揃った様子をいう言葉。, 賢い家臣や、宰相が政治の補佐をすること。 「外寛」は見た目は寛大に見えること。 「曲従」は気に入られるために、自分の意思を曲げてまでして従う。, 権力者に媚びて他人を失脚させ、地位などを奪うこと。 戦国時代、蘇秦が韓王に、「秦の属国になるより、たとえ小国だとしても一国の王のほうがよい」といい説得した故事から。, 女性が持っているとされていた五つの障害と、女性に従わされていた三つのこと。 「温柔」は落ち着いていて素直な様子。, 弱者を見下して、強者に謙るという、世の常を言う言葉。 梵字では、「阿」は口を開いて出す初めの音、「吽」は口を閉じてから出す最後の音ということから。, 複数の人と同じことをするときに、お互いの調子や気持ちが一致すること。 「金剛」は「堅固」という意味の梵語を、漢語に翻訳した言葉。, 物事の極限、限度に行き着くこと。 「紛擾」は乱れてもめること。, この世で、比べる人がいないくらい優れている人のこと。 「温厚」は穏やかで情に厚いこと。 四字熟語「温柔敦厚」の意味。温柔敦厚とは、優しく穏やかで、思いやりがあること。「温柔」は優しく穏やかなこと。「敦厚」は情に厚いこと。孔子が儒教の古典『詩経』を評した言葉で、詩は昔の人々の純朴な民情で満ちており、人に感動を与え教化する力を持っていると説いたもの。 「阿諛」は相手の気に入るように振る舞うこと。 「慎重」は注意深く、軽はずみな行動しないこと。. 「柔」は優しいや地味という意味。 「快活」は元気がよく、明るい様子。 柔らかい物が固い者に勝つという意味から。 この世の全ての物事や現象の始まりと終わりの象徴。 「膏薬」は練り薬のことで、内股に張ると歩くたびに、右足についたり、左足についたりすることから。, 国が富んで繁栄すること。 「柔なるは茹い剛なるは吐く」とも読む。, 能力の弱い者が能力の強い者に勝つこと。 「血気方に剛し」とも読む。, 強固だが、正しい道から外れた座禅や瞑想のこと。 優しい言葉で人を慰めること。 性格・人柄を表す四字熟語の22位は、一言居士です。何事にも必ず一言、口をはさまなければ気が済まないたちの人を表す四字熟語です。そういう人ってどこにでもいますよね。 point. 「柔茹」は柔らかい食べ物を食べること。 「無双」は二つとない、または比べることができないという意味。, 優しく穏やかで、思いやりがあること。 「温柔」は落ち着いていて素直な様子。, 状況に合わせて適切に対処すること。 「海内」は世界や国内のこと。 「面諛」は相手の目の前で直接こびへつらうこと。, 相手に気に入られるように振る舞うこと。 「内深」は心の中は無慈悲なこと。, 見た目は強そうだが、中身は空っぽで弱いこと。 「邪禅」は本来の正しい道に背いた、邪な座禅や瞑想のこと。, 並外れて固く、決して壊れないこと。 「忸怩」は自分の行いを恥ずかしいと感じること。 「世辞」は気に入られようとして、機嫌をとること。 仏教の言葉で、大地を支えている三つの大輪の一番上にあるとされ、一番下の水輪に接する部分ということから。 「海内」は四方の海の内側という意味から、国家や世界のこと。 「婉娩として聴き従う」とも読む。, その時の利益と損害などの状況に合わせて、国や組織などが手を組んだり、離れたりすること。 または、物事の始めと終わり。 「温文」は温和で礼儀にかなっていること。 「謹厚」は情に厚いこと。 「四徳」はいつもの生活で心がけるべき四つのことで、女性としての節操を守ることをいう婦徳、言葉遣いをいう婦言、身だしなみをいう婦容、家事をいう婦功のこと。, 相手に気に入られるために、お世辞を言ったり相手の言うことに従ったりして機嫌を取ること。. 「阿鼻」は仏教の八大地獄の一つで最下層にあるとされる阿鼻地獄、または無間地獄のことで、そこに落ちたものが様々な苦痛を受けて泣き喚くということから。, 仏教の八大地獄のうちの一つ。 または、その人のこと。 「剛柔」は強いことと、優しいこと。, 外見は強く見えるが、本当は気が弱いこと。 「剛吐」は固い食べ物を吐き出すこと。 「外彊中乾」とも書く。, 相手によく思われるために、口先だけのお世辞や形だけの愛想をよくすること。

「虚静」は欲が無く、落ち着いている心のこと。, 優しく穏やかで、思いやりがあること。 または、詩文の字間や行間に自分の考えを込めること。, 「有頂天」は仏教で一番上にあるとされる天のことで、それを超えるほどの喜びという意味から、この上なく大喜びすること。, かくしていた美しくてすぐれた内面が、表に現れること。

.

水球ヤンキース 3話 あらすじ 19, 秒速 100m 時速 11, 顕 嵐 杏奈 10, ピックガード ネジ穴 面取り 4, スターウォーズ Ep9 なんj 5, 二宮和也 虹 サブスク 53, R17 レイテッドセブンティーン ネタバレ 10, 茨城県 教職員 互助会 眼鏡 補助 5, 和室 壁 汚れ 落とし 5, パート 15万 税金 4, めんつゆトラップ 増え た 7, Stupid 反対 語 19, 腕時計 コーティング 剥がれ 9, ジャンカラ ゲーム機 持ち込み 4, ホンダ プレリュード 4代目 5, 茨城県 教職員 互助会 眼鏡 補助 5, Ykk Ap 売上高 6, ドラクエ10 防衛軍 Hp 規定値 13, 伊集院光 Youtube ゲーム実況 8, ドライブレコーダー 浮気 証拠隠滅 11, ユリシーズジャンヌ ネタバレ 6巻 6,