2年半程前嘔吐が多く、受診した所GPTの数値が150程・・ 長くなりましたがそこで質問ですが此処までのストレスでも1日置きの皮下補水液は必要ですか? 腎不全でも、癌でも、病気で死ぬ猫の最期は皆ある程度壮絶でかわいそうなものです。 GOT 253     必要な子には 1回練習して自宅で皮下輸液させてくれる病院もいっぱいあります。 何とかステロイドは最終手段で、別の方法で数値下げ或いは治療が出来る所が無いかと思って居ます。 ...続きを読む, 肝臓、腎臓に負担を与えないためにはできるだけ淡泊質を抑えることですよ。ですから高齢猫用の餌がすすめられるのです。これはしっかり守らないと猫は特に腎臓に弱点を持つ動物ですから高蛋白はそれでなくても成猫には厳禁です。キャットフードにはかならず蛋白質の含有量が表示されていますからこれのできるだけ少ないものを選べばいいのです。また雄猫の場合は低マグネシウムの餌を選ばないと尿道がつまって落命する危険があります。 GOT 253     GOT 253 肝臓のサプリ→プロヘパフォスは与えて3週間になります。以前通ってた病院で数値が高い時は薬も飲んでました。 でも最後優しい人に看取られて逝けるのならそれが一番幸せなことではないでしょうか。 ⑤診察料が良心的でいつもお世話になっている病院なのですが、最初にポリープとの診断があったとき、年齢からくる免疫力の低下と言われただけでしたが、血液検査を勧めて欲しかったと今になっては思ってしまいます。特に口の中のものは腎臓からの場合が多いと後で調べてわかりました。出血の原因もそこまでさっぱりわからないものなのでしょうか?信頼したいのですが、少し疑心暗鬼になってしまっています。どちらの病院もこんなものでしょうか?

強制給餌には反対派でしたが、もし食べたいのに痛くて食べられないのなら可哀想だと思いシリンジでお水をあげると、ガツガツと飲んでくれました。スープ状のフードは嫌がりましたが、少し無理やり、大匙1杯ほど飲ませました。たまに口を、カッ、カッと開けるような仕草をします。 との事で薬をもらって飲んでいます。 少し肥満気味かもしれません。 GOTはさほどではありませんでしたが治療を開始、エコーでは胆嚢に不純物が見られるが問題にする程では無いとの事で肝臓の薬を試しましたがそれ程の効果も無く、130程なので体質的な物も有るとの事で、サプリに変えて様子を見ました。 著:薬剤師 岡田憲人 プロフィール 監修:獣医師 森内利郎(神戸市アルファ獣医科病院 院長) 肝臓は ... 著:薬剤師 岡田憲人 プロフィール 動物病院の治療を受けているのに、肝臓病の指標であるGPTやALP ... 著:薬剤師 岡田憲人 プロフィール 監修:獣医師 森内利郎(神戸市アルファ獣医科病院 院長) 胆泥症 ... 著:薬剤師 岡田憲人 プロフィール このページでは、ご愛犬ご愛猫の肝臓を健康に導くための知識、その方 ... お部屋に観葉植物を置けば、あなたにも、ご愛犬ご愛猫にもリラックス効果が期待できます。 また飼い主様自 ... 著:薬剤師 岡田憲人 プロフィール 血液検査でALPが高めの犬猫たちがいます。(ALPはALKPとも ... 著:薬剤師 岡田憲人 プロフィール 椎間板ヘルニアを患わっていたミニチュア・ダックスの事例です。 治 ... 著:薬剤師 岡田憲人 プロフィール 監修:獣医師 森内利郎 アルファ獣医科病院院長 犬や猫が慢性肝炎 ... 著:薬剤師 岡田憲人 プロフィール 監修:獣医師 森内利郎(神戸市アルファ獣医科病院 院長) 動物病 ... 著:薬剤師 岡田憲人 プロフィール このページは、ご愛犬ご愛猫の肝臓異常の回復を目指す方々に学んでい ... 食事のアイデアから、治療の悩みまで、ペットに健康になってもらうためにアドバイスしています。. 今年の秋頃から食欲が目に見えて落ち始めました。検査の結果、腎臓をはじめ、致命的な数値ではないが全体的に良くない、実年齢は不明だが、体は完全におばあちゃん猫で、総合的に見て老衰だろうとのことでした。 なにより、肝臓病の薬を服用させていたのに数値が1か月で3~5倍にあがって そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。 様子見をして、甲状腺に関する検査をすることになるかもしれないと医師は言って GOTはさほどではありませんでしたが治療を開始、エコーでは胆嚢に不純物が見られるが問題にする程では無いとの事で肝臓の薬を試しましたがそれ程の効果も無く、130程なので体質的な物も有るとの事で、サプリに変えて様子を見ました。

お口の横から上あごにむかって噴射し少しずつ食べさせます。 それでヒルズのドライフードの試供品(ダイエット用)のをもらって1ヵ月ぐらいこれを食べさせてまた検査に来たらいいと言われました。 獣医さんは最低でもシニア食だと仰ってた気がします。 >このままの医師の方針に従ってもよろしいものなのでしょうか。 2年半程前嘔吐が多く、受診した所GPTの数値が150程・・ 長々とすみません、同じような経験があった方、詳しい方、お願いします。, 現在12~13歳です。 値を上昇させてしまったのかもしれませんが、まずは「心疾患」の疑いがあ 虫刺されなどであれば、激しいショック症状を伴うのではないかと思われます。 ④5日前くらいからほぼ透明で無臭のおしっこが出ていたのですが、亡くなる直前の2回分は濃い黄色(薄茶色?)でアンモニア臭もそれなりにしていました。残った老廃物を出したのか、強制給餌のフードやマヌカハニーの色がそのままおしっこに出ることはありますか? 先生にはそんなに関係ないけど人間の食事は与えないように、この数値もそんなに気にするほどではないけど10年ぐらいたったら肝臓の病気になるかもしれないと言われました。 必要な子には 1回練習して自宅で皮下輸液させてくれる病院もいっぱいあります。 非常に高い金額になってしまい支払が厳しく通院ができなくなることも考えられます。 大変失礼な言い方かもしれませんが、peterrabbitさんは今回診察にあたった獣医さん(病院)とまだ十分に信頼関係が築けていないのではないですか? 12月12日 私以外の獣医さんもコメントして頂ければ助かりますが。 そして、12月12日に再度血液検査を受けました。 エイズ白血病等の検査は全猫陰性、完全室内飼いです。 私もはじめは必死で無理やり注射器などで入れようとしましたが、それさえも猫にとってはストレスになると思い、最後は本人?の気の向くままにしておきました。

家に来た時とても弱っていて、もしかしたら春まで持たないと思っていたのにびっくりするくらい元気になったこと、それでもどこかはかなげで、きっと長くは生きられないだろうと予感していたことから、「点滴は食欲が回復する限りは続けよう、全く食べられなくなったら、あとは見守るだけにしよう」という結論に行きついたのは、私の中ではとても自然なことでした。 16才になる老猫(アメショー)なのですが、食がだんだんと細くなり3日に1回・大匙1ぐらいまでになってしまいました。

最後に、おもらしをする可能性があります。おこらないであげてください。それと共に、寿命が近いことをわかってあげてください。 でも1回5,000円から8,000円もかからるのに10分の1くらいで済むので助かりました。 CPK(筋肉内酵素) 2000      獣医師や病院側にも事前に金額面などの説明が不足していたのかも知れませんが、医療は最終的には患者さん(飼主さん)と獣医師(病院)との信頼関係が全てだと思ってます。ですから今回のような質問は気軽に獣医師に相談しても...続きを読む, 15年以上飼っている老猫です。 CPK(筋肉内酵素) 73 GOT・ALPは正常より若干高い程度です。 監修:獣医師 森内利郎(神戸市アルファ獣医科病院 院長), 血液検査でGPTが高いとき、ご愛犬やご愛猫の肝臓はかなり疲れているかもしれません。, 薬が合わなかったのかもしれませんし、何か良くないものを口にしてしまったのかもしれません。, ただGPTが上昇したということは、何らかの理由で肝臓が障害を受けていることを示します。, 治療が功を奏していないのでしたらセカンドオピニオンで別の獣医師の意見を聞いたり、栄養を考えた食事も考えていきましょう。, 肝臓の異常は放置していると徐々に悪化して治りにくくなるため、早めに対策したほうが良いでしょう。, 肝臓に多く含まれる物質で、犬猫たちが体内でアミノ酸を合成するときに活躍する酵素です。, ちなみにALTはアラニンアミノ基転移酵素(アラニンアミノトランスフェラーゼ)の略称です。, 何かしらの理由で肝臓が障害され、血液中にGPTが漏れ出したときに、GPT値が高くなるのです。, 一般的に犬猫のGPTは60U/L以下が正常とされていますが、肝臓の悪い犬猫は結構多く、100U/Lを超えるケースはそう珍しくありません。, 以下にGPTが高くなる代表的な病気をあげていますが、これ以外にもGPTを上昇させる病気はあります。, そしてGPTの上がりやすさには犬猫の個体差があり、病気であってもGPTが低いケースは多々あります。, 軽度なのか重度なのかは他の検査値やエコーなどの画像検査、および体調変化から総合的に判断する必要があります。, 原因の追求は簡単ではありませんが、まず毎日のフードやおやつは見なおしたほうが良いでしょう。, 幾つかの原因が考えられますが、慢性肝炎の延長にあるとき、肝臓の機能が衰えて、脂肪の代謝がうまくできなくなっています。, ダメージを受けて死んでしまった肝臓細胞の代わりにコラーゲン繊維が入り込んで増殖しています。, 肝臓の働きは極度に低下しますが、GPTは100U/L程度に収まることもよくあります。, 慢性肝炎よりも肝臓の細胞が破壊されるスピードが速く、GPTがどんどん血中に漏れ出していると推測できます。, 薬物治療が原因で肝臓が障害を受けるとき、GOTが一気に100U/Lを超えることがあります。, 肝障害の副作用が知られている薬はもちろんですが、比較的安全だと思われている薬でも起こる可能性があります。, 初めて与えた薬の副作用の場合もありますし、何度か与えたことのある薬で発生することもあります。, 犬や猫の個体差や、そのときの体調、他の薬との相互作用まで考えると、薬を与えている限りはいつでも起こりえることです。, 人の風邪薬や鎮痛剤を誤飲して発生するケースもありますので、保管にお気をつけ下さい。, 農薬や殺虫剤などの毒性の強い化学薬品は、量にもよりますが肝臓を一気に破壊して急性肝炎、急性肝不全を引き起こす可能性があります。, 小さな肝臓がんではあまりGPTの変化は見られませんが、大きくなり肝臓を侵し始めるとGPTが異常に高くなることがあります。, 成犬ではあまり見かける病気ではありませんが、子犬に発症すると肝臓が急速に破壊されることがあります。, とは言いましてもGPTが高いということは肝臓がダメージを受けていることを示しています。, 薬を飲んでいるけれど改善しないという状況が何ヶ月も続いているとき、新たな手を打っていったほうが良いと思われます。, 初期の肝炎も、放置していると徐々に重症化してしまうことがあり、脂肪肝や肝硬変に移行していくことも考えられます。, GPTのみならず、ビリルビン(T-BILL)やアンモニア(NH4)までもが上昇してきてしまうと、とたんに元気や食欲が喪失してきます。, そうなってからの治療は厳しく、場合によっては打つ手がなくなってしまうこともあるのです。, 早い段階での治療は反応しやすいですから、GPTの数値をバロメーターにして肝臓の状態を把握してあげましょう。, ほとんどのケースで複数の要因が複雑に絡み合っていると考えたほうが良く、対処法も1つだけでは足りないでしょう。, 実際に薬だけに頼ったときなかなか結果が伴いにくいのは、このような理由があるためです。, 薬を使うのは構いませんが、それだけでは弱いと考えて、食事や日常生活の工夫も始めて欲しいと思います。, 良い組み合わせは、単なる足し算ではなく、それぞれが相乗的にメリットを引き出すでしょう。, また胆汁の流れを良くするとされるとして利胆剤(ウルソデオキシコール酸など)や、スパカールなどといった薬剤も併用されることがあります。, ただそれらが犬猫のGPT(ALT)の改善に対して良く効いているかというと、あまり効かない、効き目はかなり弱いという印象です。, ですが、これらの薬は副作用が少なく、安全性が高いことから、続けていてもあまり心配はないでしょう。, 食事を工夫してみたり、良質なサプリメントを加えてから良くなっている犬猫たちの症例を、飼い主様からよく聞かせてもらっています。, ご愛犬ご愛猫を健康にしていくという本質的な考え方において、対処療法にすぎない薬に頼ってしまうことは、遠回りになることもあります。, そもそも薬を分解代謝する臓器である肝臓を、薬のみで健康にしようとすることは難しいと言わざるを得ません。, また肝臓が消化やエネルギー代謝における重要な臓器であることを考えれば、食事の影響を大きく受けるのは当然とも言えるでしょう。, タンパク質を制限するのは肝性脳症などの恐れがある肝硬変など、肝臓病の末期に適しています。, なぜならば完璧な100点を狙いすぎてしまうと、たとえば食事の美味しさ、生活の楽しみなど、本当に大切な部分を見失いがちだからです。, さらに言えば、そういった犬猫たちを喜ばせること自体が治療にプラスになると私は日々実感しています。, 無理な方法は長続きしないだけでなく、治療がうまくいかないパターンに陥ってしまうと思います。, これは今までのフードは急に変えず、その子にプラスになると考えられる食材を加えていく工夫です。, 完全手作り食に移行しても良いのですが、最初の一歩としてトッピングを利用した「半手作り食」から開始してみると良いと思います。, 薬の中でプラセンタ注射は肝臓の再生を促すと考えられる医薬品であり、特に他の肝臓治療薬が効いていないときには試してみる価値があると考えます。, 使用している知り合いの先生方からは、プラセンタ注射の反応はなかなか良いものであるとお聞きしていますので、もしご近所に導入している動物病院がありましたら、相談してみることをおすすめいたします。, プラセンタを配合する健康製品も、品質の高いもの(SPFブタ100%使用など)ならば肝臓の健康維持・管理に期待できます。, どうしても通院の必要になるプラセンタ注射に併せて、自宅で与えられるプラセンタ粒を推奨している先生方もいらっしゃいます。. エイズと白血病の検査をするのが最初の目的だったのですが、ついでなので基本的な健康診断もしてもらう事にしました。 12月12日 GPT 220 (先月203)☆ 早めに気がついたことはラッキーですよ。 約2か月前に食欲の低下に気付き、最近いつものご飯(ウェット缶)をあまり食べない、水も飲んでない気がする…、と。すぐに病院に行けず、それから4日後にやっと行き血液検査をしたところ、腎不全との診断でした。BUN140以上、CRE6.7、体重2.35kg、かなりの脱水状態。明日から毎日皮下輸液しに来て下さいと言われ、行ける日は病院で受け、行けない日は自宅で輸液していました。最初は失敗も多く、毎日150ccの指示でしたが50cc程入れたところで逃げられたり、全く刺せなかったりで、3日に2回は何とか輸液できていた感じです。腎不全の猫ちゃんを飼ってらっしゃる方のレシピを見て、鱈の茹で汁をあげてみたりスープ状のパウチを買いあさりましたが、それでも飲まず食わずが5日程続き、もうダメなのか…と思いながら、ダメ元で鱈の茹で汁に使った身をあげてみたら(本当は身はダメなのでしょうが食べることが優先だったので)かなりの食いつきがあり、1日に1切れの3分の1程度をあげていたら徐々に食欲が戻り、パウチも1日3袋食べたり、たまに気まぐれでいつものウェット缶を少し食べるまで回復しました。とにかく必死だったので、初めて鱈の身を食べてくれたときはそれはもう本当に嬉しかったです。水も飲むようになりました。 GOTが高いのは肝臓・胆汁の異常が多少あるのかな?白血球は炎症あり? 2、水分も同様です。鼻のかわきに注意してあげて、水分を近くに置いてあげておいてください。 好き嫌いが激しい猫です。腎臓系のカリカリを全て試した結果、キドニーケアとザナベレウリナリーならまだ食べます。 怪しいものがあれば遠ざけてみるのも手だと思います。わが家のワンはこれらで軟便気味だったのが改善してきました。 キャットフードは現在通院している病院にすすめられたロイヤルカナンのベッツプランを
本当なら定期的に病院で点滴でもすれば良いのでしょうが、ストレスが半端じゃない・・・ とにかく、痩せはじめて、体力も無くなってきています。一応、食欲の出る薬は毎日飲ませているのですが。。。(口内炎用に) 春先に避妊手術をした際,血液検査で肝臓のGPTの数値に異常がある…

ステロイド、猫は強いです。 猫の血液検査の数値の見方がわからない。。 いろいろ数値が書いてあるけど、何がわかるの? 今回は猫ちゃんの血液検査をして来ました。 猫の血液検査について 今までうちの猫に白血病ワクチンを接種していなかったので、念のため受けることにしました。 体重は4.1キロ、体温は38度、エイズも白血病も感染してなくて問題ありませんでした。 CPK(筋肉内酵素) 73 16歳までの猫経験で、結局 猫の状態をわかるのは飼い主でしかありません。 体重は今4kg程度で避妊後という事もあって 普通の缶詰等をペーストにして、少量でもそれを与えていれば良いものなのでしょうか? 2軒目では他に薬はぜず、サプリとしてヘパアクトが出ました。 検査を受ける、受けないは最終的には飼主さんの判断によりますし、飼主さんが拒む検査を獣医師が無理矢理行うことは出来ません。それは裏を返せばペットの最終的な健康管理の責任は飼主にあるということです。 16才になる老猫(アメショー)なのですが、食がだんだんと細くなり3日に1回・大匙1ぐらいまでになってしまいました。 薬を飲み続けているにも関わらず数値が上がったり下がったり… 「肝疾患であればもっと高い数値になるので今は予備軍といった所です。 獣医師や病院側にも事前に金額面などの説明が不足していたのかも知れませんが、医療は最終的には患者さん(飼主さん)と獣医師(病院)との信頼関係が全てだと思ってます。ですから今回のような質問は気軽に獣医師に相談してもいい内容だと思いますよ。むしろ全く事情を知らない第三者の意見を聞く前に積極的に担当獣医師に意見を求めるべきだと思います。 このまま薬+検査を続けていくべきか悩んでいます。 缶詰に変えたら初めは少し食べていたのですが今は上記の量ほどしか食べなくなってしまいました。(数々の缶詰類を試しましたが効果はなくなってしまいました) 糖尿病や返っての肝臓数値の増加、腎臓への負担など聞きますが・・ でも書かれているように「私には必要ないの」と顔を横に向けたのなら、それが人間で言う尊厳死なのでは? 食べて飲んで出来ない限り 強制給仕か皮下輸液どちらも必須でしょう。 一方、CPK降下剤としてステロイド系の薬剤投与した場合に、副作用としてGO CPK(クレアチンフォスフォキナーゼ)が2000というのは大変な数値ですね。。 水も数日ほとんど飲んでいないならば、...続きを読む, 現在うちの猫の、命の火が燃え尽きようとしています。2年前のちょうど今頃、里親として引取った時は7歳ときいていました。が、とても7歳とは思えず、病院でも「10歳はこえてる」と言われました。 正直検索すればする程、猫によって数値によってもあまりの個体差に驚いています、宜しくお願いします。, 9才猫の肝臓機能障害について、どうか獣医、特に肝臓系専門医の方、宜しくお願いします。 腎不全にゃんなど飼い主たちの多くは、自宅輸液をしています。 肝臓の悪い子に脂肪分が多い腎臓系のカリカリを与えるのはどうなんでしょうか? いろいろなことに判断がどうしてもつかずにこちらに質問させていただきました。 話だけだと 今の様子だと確実に脱水していると思うので BUN 32.7(先月31.6) 点滴と消化&肝臓の薬の服用、以後1週間~2週間に一度の通院で 運動程度では、ここまで上昇しにくいでしょうね。。。
放っておくとすぐ200近い数値...続きを読む, 生後11ヶ月の雄猫(ワクチン、去勢済み)の血液検査をしました。 まず出来ることからしてみて、数字と相談しながら今後に対応してあげよう・・・と私は思ってやっています。 缶詰に変えたら初めは少し食べていたのですが今は上記の量ほどしか食べなくなってしまいました。(数々の缶詰類を試しましたが効果はなくなってしまいました) 高い数値になると説明を受けましたが、完全室内飼でそのような 病気です。 http://group.lin.go.jp/nichiju/info/ryokin/top.htm -------------------- 回復を心から祈ります そこでは1日置きの皮下補液に来いとの事、しかしそれがストレスなのか食事も最低限しか取らなくなりました。 背中の皮をつまんですぐもとにもどりますか?もどらないなら脱水しています。 それにかかる費用とかをどのくらいだったか教えていただけないでしょうか。また、できるとしたら何に注意したらいいでしょうか。 肝臓のサプリ→プロヘパフォスは与えて3週間になります。以前通ってた病院で数値が高い時は薬も飲んでました。 ドクターは肥満に問題も有るかもと食事もダイエット食、おやつも控えました。 わが家にもGPT値の高い「犬」がいます。

母は、たまにケーキの生クリームやカスタードクリームなんかも少しなめさせたりします。

CPK(筋肉内酵素) 73 そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。 以前貰ったウルソと抗生剤をそのまま飲む様にとの事で、数値が下がるのを待って肝生検を麻酔を掛けてするとの事ですが、数値から見て、ALPやGGTやビリルビンも程正常標準値で、胆嚢系の原因の可能性は少ないだろうとの事、細胞検査後でしか解らないが、自己免疫疾患の可能性が強く、ステロイド治療を勧められました。 数値は300を越える事はかつて1度も無く、前回は最高で289で落ち込み、今までも200を越えるとサプリを変えてみたり、此処1年はウルソを日に1錠飲んでいました。 http://www.toda-ah.jp/index.html 犬猫の血液検査では一般的にALT、AST、ALP、GGTなどの肝酵素が測定されます。これらが高い場合は肝臓の疾患があることが示唆されます。ただ、肝疾患には様々なものがあり、肝酵素の数値だけで鑑別できるわけではありません。また、肝臓に根本的な原因がなく他の疾患の影響で二次的に高くなっていたり、逆に肝臓に重篤な疾患があるのに高くならなかったりする場合もあります。, ALTとASTは肝細胞内に存在する酵素であり、肝細胞の障害により血液中に漏出し、高値となります。ALPとGGTは胆管上皮細胞などに存在する酵素であり、胆汁の流れの悪化などにより産生が増加し、高値となります。, 肝酵素の一部は肝臓以外の組織にも存在し、それが数値に影響する場合があります。ALPは骨からも産生されるため、成長期(1歳齢以下)では病気がない状態でも高値となります。ASTは骨格筋や赤血球などにも存在し、それらの障害がある場合には高値となります。, 肝酵素は肝機能とは関係がありません。肝機能は肝臓における代謝や解毒の能力のことですが、これについてはBUN、アルブミン、血糖値、ビリルビン、アンモニア、胆汁酸などが指標となります。肝機能低下は危険な状態であり、積極的な検査や治療の必要性があります。, 肝酵素は肝臓・胆管・胆嚢の炎症や腫瘍、胆管閉塞などにより上昇します。ただ、肝疾患で必ず高くなるというわけではなく、肝硬変や門脈体循環シャントなどでは肝機能が低下していても肝酵素は正常値であったりする場合もあります。, また、肝臓は全身から様々な影響を受け、それにより肝酵素が上昇する場合があります。副腎・甲状腺などの内分泌疾患や、高脂血症、膵炎、胃腸炎、感染症、中毒、心疾患などがあると二次的に肝障害が起こり、高値となります。その場合は根本的な原因に対する治療が必要となります。犬猫ではこのような二次的な肝酵素上昇が多いと考えられています。, 肝酵素が上昇している動物の症状は様々で、無症状のこともあります。上記のような他の疾患に関連した症状がみられる場合もあり、肝臓自体が原因なのかどうかの見極めが重要となります。肝臓や胆嚢に原因があっても無症状のことは多く、追加検査や治療をするべきかどうか判断が難しい時があります。, 肝疾患を診断するには血液検査だけではなくX線、超音波、CT、組織生検などの検査が必要となります。CTや組織生検は麻酔が必要なためあまり頻繁には行われません。超音波検査は非常に有用です。肝酵素が高い場合はまず超音波により肝臓・胆嚢やその他の臓器の確認をすることが勧められます。必ず異常が見付かるというわけではありませんが、見付けられる疾患も多いです。, 治療については、症状がある場合には当然ながら原因となっている疾患の治療を行うことになりますが、肝酵素値だけが高くて原因がはっきりせず無症状といった場合にはいろいろなやり方があるかと思います。一般的には無治療で経過をみてから再度検査をするか、あるいは強肝剤や抗菌剤などの投薬を行って効果を判定するかのどちらかが多いと思います。胆汁の流れが悪かったり高脂血症があったりする場合などは低脂肪食への食事変更も有効です。肝臓用療法食は主に肝機能低下の症例に使われるフードであり、低脂肪ではないために高脂血症などを悪化させる可能性もあります。肝酵素上昇の原因がはっきりしない場合には肝臓用療法食は推奨されません。, 以上、個々の疾患については書ききれませんが、肝酵素上昇について概説しました。重要なことは、肝酵素上昇=肝臓病とは限らず、肝酵素値だけが問題ではないということです。数値が高い場合はまず超音波検査や肝機能の評価を行い、他の疾患も視野に入れながら追加検査や治療を行っていくという流れになります。健康診断などで血液検査をする際には、難しいとは思いますがこのようなことを踏まえて理解をしていただければと思います。. ③最期の瞬間のカッカッとなったのは苦しんでない、老衰だと家族は言いますが、そうなのでしょうか?尿毒症の症状なのか呼吸困難なのか老衰なのか…マヌカハニーが溶けきれず詰まってしまったのではと、可能性が絞れません。亡くなる1時間半前に一度起きた時は静かだったのですが、その後いつから始まったのかは不明です。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 私はバツイチで二人の子供がおります。 今年は下の娘が成人いたしました。 お付き合いして五年目の彼がい, お酒も飲まないのに 肝臓の数値が高いんです。日常生活で気を付けれる事ってありますか?市販のお薬で下げ, めまいと頭痛で倒れ救急搬送され、病院で点滴を受けても症状が改善しない場合入院ということはありますか?, 腎臓・肝臓の数値が悪い猫ちゃんの治療について 先日血液検査をしたところ、AST(GOT)85・ALT. 今までの血液検査の書類を持って 他を電話で確認してみたりして転院もいいかとは思います。

混ぜご飯のシニア食は、アニモンダフォムファインデラックスシニア・キャットデイト高齢用・Jナチュラル高齢用です(これらもたくさん試してやっと食べてくれたものです)

.

ウルトラサンムーン バトルツリー 行き方 6, 四方 八方 肘鉄砲 4, Dbd 新スキン リーク 26, イ ミヌ 結婚 7, シーラント 自転車 寿命 9, リモニウム スターチス 違い 28, パワプロ2018 ウインドミル 出し方 33, 日野 J07e オイル量 6, ホンマでっか 動画 Youtube 9, Wowow Bs 契約してない 6, 欅って書けない 動画 Youtube 24, 4k 画質 悪い 6, ポートガス D エース 画像 7, 声低い 女子 あるある 16, Zip 枡アナ 休み 9, 木下恵介アワー 兄弟 ネタバレ 4, 転職 多い男 結婚 5, チャンピックス 通販 最安値 13, アリアナ グランデ バックダンサー 双子 19, 藤原聡 滑 舌 33, 赤ちゃん 成長記録 英語 20, エアロビクス 曲 80年代 9,