ここから先は上記のメタタグの説明になります。, 「viewport」というのは、ページを表示させる仮想の表示領域のことです。先ほどの、content="width=device-width"というのは、「表示領域の横幅を端末の横幅に合わせる」という意味になります。ページをスマホ対応させたいときは、はじめにこのメタタグを設定する必要があります。, 以下はの中で指定できるプロパティ(?)と値の表です。, 先ほどの設定はwidthのみでしたが、上記のプロパティを複数指定したいときは、のcontent="・・・"の中にカンマ区切り「,」で指定していきます。, すべてを理解する必要はありませんが、今後、レスポンシブで不具合が起きたときはviewportの指定が原因でないかも疑ってみて下さい。, Illustratorで同じ色をいろんなオブジェクトで使用している場合、色の変更…, WordPressは、他人にログイン画面のURLを見つかってしまうと、ログインさ…, ここでは、Illustratorで縦書きのテキストの大きさを異なるサイズにした際…. コーディングの際にpcで5列、スマホで1列になるグリットレイアウトのデザインがあったとします。 そしてhtmlはなるべく分かりやすく、メンテナンスも簡単に済むように以下の形式で組みたい。 変なことろで「}」があって、メディアクエリがちゃんと囲まれていなかったりしていないかチェック。, そもそもHTML側でメディアクエリの読み込みがされているか確認する。 サウウェブ , 昔のページならなおさら。, 記述例ですが、正しく書かれていないか確認する。

わからない事