November 04,2016 | Category :  Interview | Tag :  IO, KANDYTOWN, MIKI, Neetz, Ryohu, YUSHI, KANDYTOWN。気がついたらあちこちでその名前を見かけ、ありとあらゆる人の口からその名前が飛び出していた。MC、DJ、トラックメイカーを含む総勢16名から成る大所帯クルー、KANDYTOWNは世田谷で育った幼馴染のメンバーが中心となっており、BANKROLLとYaBastaという2つのグループが合体する形で生まれたという。2014年にフリーのミックステープ『KOLD TAPE』を公開してから騒がれるようになり、2015年には『BLAKK MOTEL』と『Kruise’』というストリート・アルバムを2枚発表し、どちらも即完売。クルーとしての作品だけでなくメンバーそれぞれも自主的にどんどんと楽曲をリリースし、今や彼らなしでは東京のヒップホップ・シーンを語ることができない存在となっている。, 今年に入ってからはメンバーのIOがソロ・アルバム『Soul Long』を2月に出し、RyohuがEP『All In One』を4月に発表し、KIKUMARUも6月にアルバム『ON THE KORNER』を発売。更にYOUNG JUJUのソロ・アルバムも先日アナウンスされたばかり(11月23日にリリース)。メンバーのソロ活動も活発になっているこのタイミングで、KANDYTOWN名義のメジャーデビュー・アルバム『KANDYTOWN』がWarner Music Japanより11月2日に発売した。, KANDYTOWNのメンバーそれぞれの音楽性を見ていくと多様だが、クルーとして作る音楽はサンプリング・ベースのニューヨークの香りがするトラックに、東京の情景を刻み込んだ曲が多い。KANDYTOWNのビートメイカーはソウルフルなネタをループさせたレイドバックなビートを好むが、’90s回帰という程後ろ向きではなく、現行ヒップホップの流れをしっかりと吸収しながら自分たちの好きなサウンドをとことん追求している印象を受ける。, KANDYTOWNにはリーダーはいないが、しいて中心人物をあげるとしたらYUSHIがいる。惜しくも2015年2月に帰らぬ人となってしまったが、バンド、ズットズレテルズのラッパーとしても知られた彼はKANDYTOWNのメンバーが「キング」と呼ぶカリスマであり、メンバーの多くにとってラップを始めるきっかけが彼であったという。KANDYTOWNが存在しているのは彼のおかげだと言える。, YUSHIのスピリットはメジャーデビュー作『KANDYTOWN』にもしっかりと宿っている。YUSHIがラップとプロデュースで参加した「R.T.N」が収録されており、生前、絵をよく描いていたYUSHIのイラストがアルバム・ジャケットに採用されていることからも、KANDYTOWNの重要なメンバーであることがわかる (彼の作品が観覧できるトリビュートサイトが開設されている)。, メンバーと親交の深いOKAMOTO’Sのオカモトレイジが製作ディレクターとしてクレジットされており、ILLICIT TSUBOIがエンジニアとしてサポートした『KANDYTOWN』は、3曲を追加したボーナスディスクと40ページのアートブックを封入した初回限定盤と、通常盤の2種類で店頭に並んでいる。通常盤でも収録曲は19曲となかなかのボリューム。Reebok CLASSICとのタイアップでヘッズの話題をかっさらったアンセム「Get Light」や、エレガントなピアノ・メロディーとストリート感溢れるリリックの組み合わせがスリリングな先行シングル「Paper Chase」を収録しており、ハードコアすぎず、ナードすぎない、絶妙なバランス感覚を保った作品に仕上がっている。これまで以上に洗練されたアーバンでクールなKANDYTOWNの世界が広がっているが、同時に、これはまだまだ序の口だと思わせるポテンシャルをも秘めている。, IO(ラッパー)、Ryohu(ラッパー/ビートメイカー)、Neetz(ビートメイカー/ラッパー)、MIKI(ビートメイカー)の4人に話をきいた。, Reebok CLASSIC x KANDYTOWN – “Get Light” (Prod: Neetz / Rap: YOUNG JUJU, MUD, DIAN, IO), ―― メジャーデビュー作『KANDYTOWN』の制作は、これまでのアルバムとどう違いましたか?意識の違い、制作の仕方の違いなどありましたか?, Ryohu: 個人的には意識は特にしてませんでした。明らかに違ったのはRECをスタジオでしたことですかね。, Neetz: 今まで宅録レベルの環境で録っていたのでちゃんとスタジオに行ってレコーディングするということが違いました。やっぱりスタジオに行って間違いないエンジニアがいる中でやるってだけでモチベーションが違うし、意識も上がりますね。音もガンガン出せますし。, MIKI: 今回がKANDYTOWNとしては初参加なんですが、スムーズに制作できました。, ―― 『KANDYTOWN』の収録曲のトラック作りは2/3くらいがNeetzさん、1/3くらいがMIKIさんですね。自分のトラックの曲は自身でディレクションをすることが多かったですか?それとも基本的にはラッパーに任せていますか?, Neetz: ラップのディレクションはたまに口出しするくらいですかね。もうちょっとトラックに対して高いトーンにした方が良いよとか。リリック面に関しては全てラッパーに任せています。, MIKI: ラッパーに聴いてもらい、感じたものをなるべくそのまま表現してもらってます。, Ryohu: 気づいたらこうなっていたという感じです。基本的には、他のメンバーのラップを聴いてから書くことが多かったです。, ―― リリック作りはトラックを聴きながらですか?普段からライムを書き溜めておいたりします?あと、ソロ作とクルー作で制作のプロセスに違いはありますか?, Ryohu: メモしたりはないです。トラックを聴いてからがほとんどです。大まかな作り方はソロとクルーで差はないですが、楽曲の雰囲気だったり、リリックは少し違うかもしれませんね。世界観をより突き詰められるのかなと、ソロのほうは。, Ryohu: リリック面では、自分の思い描いている情景によって言葉を選んでいます。例えば相手のことを「あなた」、「君」、「You」などという感じで、フロウも合わせてトータルでいいと思ったものをチョイスしています。, Neetz: まずはビートに対してどれだけスムースに嵌められるかですかね。やっぱ声がビートに対して違和感ありすぎたらアウトかな。だけど多少のズレも最近はかっこ良く思えてきました。リリックはかっこいい事をどれだけ違和感なく言えるかって感じですかね。, ―― IOさんとRyohuさんはそれぞれソロや他のグループでも活躍してますが、プロデューサー側のMIKIさんとNeetzさんから見て、彼らの特徴や強みは何だと思いますか?, Neetz: このふたりがいなかったら今の自分はいないですね。出逢ったときからふたりはアーティストだったし、アーティストとしての意識が違う。自分の存在価値をいかにドープに世に知らしめるかっていう。IO君はラップはもちろん、映像もイケてる。Ryohuは人との繫がりを大事にするタイプで、だからこそ周りに良い音楽をやってる人たちいるんだと思います。, MIKI: IOは絵を想像させてくれる人、Ryohuは大事なことを教えてくれる人です。, ―― では、IOさんとRyohuさんから見て、KANDYTOWNのサウンド面を支えているNeetzさんとMIKIさんの特徴や強みは何ですか?, IO: ふたり共カッコいい。ビートはもちろん、SOULまで。ふたりの性格もビートの個性も全く違うけど、ビートを聴いているとKANDYTOWNの男だなと感じる不思議な共通の雰囲気がある。, Ryohu: Neetzは今回のアルバムを経て、ビートメイカーとして成長したなと思いました。よりトラックに深みが出たなと。MIKIはストリート仕込みのトラックが印象的です。「Paper Chase」とか。オレも負けないよう頑張ります。, KANDYTOWN – “Paper Chase” (Prod: MIKI / Rap: MUD, YOUNG JUJU, DIAN), ―― Neetzさんがプロデュースした「Get Light」は少しジャスト・ブレイズを思い出しました。どういうイメージで作ったのですか?, Neetz: ジャスト・ブレイズはかなり好きなので嬉しいです。だけど作った時はちょうどドレーのアルバムが出て、『ストレイト・アウタ・コンプトン』観てって感じだったのでどっちかというとそっちの影響でした。どちらにしろこのふたりの音はずっと自分の中にありますね。, ―― アルバムは全体的にメロウな曲が多いですが、「R.T.N」はテンポが少し早めであり、80sファンクっぽいサウンドなのが特徴的です。プロデュースはYUSHIさんとMIKIさんですが、どういうプロセスで制作したのですか?, MIKI: BANKROLLをプロデュースしたくてYUSHIに何パターンか聴かせて、「R.T.N」のビートをふたりで作り込んでいきました。, MIKI: 感じたまま、やりたいように。レコード屋とかで、聴いててサンプリングしたら面白そうだなと思ったものを使ってます。, Neetz: 全体のバランス感とスムースなコード感。音数はできるだけ少なくしてドラム、ベースと上ネタでまずはどれだけかっこ良く仕上げられるかですかね。ネタのチョイスは一聴して「これだ」と思ったやつですかね。わりと直感です。ネタからドラムが太かったり音数多かったりするのは選ばないかな。, Neetz: 主にAbleton LiveとKOMPLETE KONTROLです。鍵盤を少しコード弾きできるくらいですね。もっと弾けるようになりたいです。, ―― Ryohuさんは「Ain’t No Holding Back」と、「Song in Blue」の2曲のトラックを手がけてます。, Ryohu: 両方ともサンプリングはMPCで、最終的にはPCで完結してます。生音を録音してるのが最大の違いかと思います。ドラムはクオンタイズかけて、サンプリングと生音でいいグルーヴが出せたらなと思って作りました。, ―― KANDYTOWNの作品はNeetzさんのスタジオでRECし、Neetzさんがエンジニアを担当することが多いと以前インタビューで話していましたが、今回のアルバムはILLICIT TSUBOIさんがレコーディングやミキシングをしています。エンジニアリングの観点では、今回のアルバム作りでどういったことを学びましたか?, Neetz: やっぱ音圧が違う。YouTubeにあがってる「Get Light」は自分がミックスしたんですが、TSUBOIさんミックスの方がローエンドがドンと出てる。フック部分にシンセと声ネタが入ってるんですが、自分のバージョンでは小さくしていたんですけど、TSUBOIさんが大きくした方が良いよって言ってくれて聴いてみたら確かにと思いました。上げるところはしっかり上げるみたいな。ミキシングしているところは立ち会えなかったので返ってきた曲と比べるしかなかったから細かいところは学べなかったですね。そこが悔しいです。, MIKI: あと、レコーディングしてる間に声のバランスを整えて、ラップを理想に近い状態にしてレコーディングしやすくしていましたね。, ―― 制作スタッフのなかにOKAMOTO’Sのオカモトレイジさんの名前がありますが、どういう風にアルバム作りに関わったのですか?, IO: 主にレーベルとの橋渡しや、初回限定盤のアートブックの写真を撮ってくれました。, ―― 通常盤のジャケットのアートワークはYUSHIさん作です。この作品を見て思うことは?, Ryohu: たしか、このジャケになる前に何パターンかあった気がするんですが、このジャケがきたときは「間違いなくこれでしょ」ってなりました。, ―― YUSHIさんに学んだこと、YUSHIさんの言葉で特に覚えていること、特に印象深いYUSHIさんのエピソードなどがあれば是非教えてほしいです。, MIKI: YUSHIからは本当にたくさんのことを学んだけど、一番は情熱ですね。誰よりもアツイ人間だったので。 つねに音楽、絵などアートに情熱をささげていた。毎日がエピソードだらけだったんですが、しいてなにか挙げるなら、山、川、公園、車内など色んな所でレコーディングしたことです。, Ryohu: ヒップホップを最初に教えてくれたのはYUSHIかもしれません。ズットズレテルズの再稼働の最初で最後のライブのとき、お酒飲みすぎて酔っ払ってマイクにぎってたのが横にいて面白かったですね。, Neetz: KANDYTOWNのSoundCloudに「Untitled(2012)」って曲があがってるんですけど、それのリリックを褒められてまじ嬉しかった記憶があります。後はウチの飼い犬のリンっていうのがいるんですけど、リンと海行ったり散歩したりして、リンとまじ優しく接してくれた。動物好きで凄く心優しい人だった。, MIKI: YUSHI。アーティストとしてカッコ良かったから。思いやりのあるロマンチックで素敵な人間だったから。, 「これを聴いていなかったら今の自分はない」と言えるくらい影響を受けたアルバムを5枚挙げてもらった。, ディアンジェロ 『Brown Sugar』 (1995) 福岡:Carhartt WIP Store Fukuoka, Carhartt WIP Store info:http://www.carhartt-wip.jp/stores/ 後援:WARNER MUSIC JAPAN / BCDMG / P-VINE, Inc. チケット料金:オールスタンディング / 前売り¥3,000(特典付き) 当日¥3,500 ※ドリンクオーダー別. )『KANDYTOWN X’MAS FREE LIVE』【来場者特典】(2016年12月22日), 「1TIME 4EVER」 『EMARCY 1st Issue』 (2017年4月5日), 「Harder」:『ADVISORY』【TOWER RECORD限定特典】: (2019年10月23日), 「Abstract」:『ADVISORY』【Amazon限定特典】:(2019年10月23日), 「Sign」・「Few Colors」・「1TIME 4EVER」3曲入CD:『ADVISORY TOUR ’19』【先行予約抽選特典】(2019年), 「All bout me (feat. 注意事項 チケット価格:¥3,000 Yusi)」 QN from SIMI LAB (2011年12月23日), 「Check My Ledge (feat. (LESS-007)/2018年11月30日) Digital Format Only, 『60Minutes Mix By Ryohu』 (2013年12月3日) ライブ会場での無料配布。自身のSoundCloudでのフリー・ダウンロード公開(現在は終了)。, IO & RYOHU『THE SUMMER CONNECTION』 (KANDYTOWN/2014年7月22日) フリーダウンロード公開。, 『2nd Mix By Ryohu』 (2015年4月13日) ライブ会場での無料配布。自身のMixcloudでのストリーミング公開。, 『"All in One EP"Release Party 【前売り特典】』 (2016年4月5日), 「Car Race (Remix) [feat.

Never End (feat. BSCはタイムリーでソロ・デビュー・アルバム『JAPINO』のリリースが決まった。, さらに、セカンドアルバムのリリースやZEPPツアーの開催もソロで決まっているとか。, 出典:https://donutsmagazine.com/interview/dj-masato/, その時からBANKROLL(KANDYTOWNの中心メンバークルー)達と一緒に活動していたようです。, DJを始めたきっかけはお兄さんがターンテーブルを買ってきて高校2年生の時に影響を受けてハマっていった。, 音楽専門チェンネル『SPACE SHOWER TV』に出演した際は音楽オタクの部分をかなり出していましたね!, 出典:https://www.waxpoetics.jp/interview/kandytown-interview/, KANDYTOWNの代表曲『R.T.N.』や『Paper Chase』を手掛けたのはMIKIです。, KANDYTOWNのメンバーだが明らかに一人だけ世界観が違う方向に向いているラッパー。, ビジュアルからも違う感じがすぐにわかるが、やっぱり音源がKANDYTOWNっぽさがない。, KANDYTOWNといえばNYスタイルの音源が印象的だが、Gottzの音源はどちらかというと・・・。, 音源を聴けばわかりますが、KANDYTOWNっぽくないなというのはすぐわかりますよ!, ちなみに『Makka Na Mekkara』のジャケットはオカモトレイジ作のようです。, 出典:https://tower.jp/article/feature_item/2016/09/05/0703, DJは言葉より選曲で語ることが多く、インタビューなどの記事を見つけることはできませんでした。, 『KANDYTOWN LIFE OFFICAL PLAYLIST vol.1 』をまとめあげたのはDJ Weelow。, KANDYTOWNを知らない人はまずこのプレイリストを聴けばほとんど網羅できると思います!, HOLLY Qの姿は中々発見することができなかったが、『Long tonight』でKIKUMARUとタッグを組んでいる。, 記憶に新しいのが、『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics” mixed by MASATO & Minnesotah』をリリース。, 2人の音楽の知識が集約されたリミックスになっていて、ヘビーな音楽ファンからは間違いなく指示される1枚。, KANDYTOWNを裏でしっかり支えてくれているのがDJ Minnesotahでしょう。, KANDYTOWNのクルーたちからはインタビューなどの時に間違いなく名前があがるのがYUSHI。, 転落事故で亡くなっているが、KANDYTOWNのクルーたちはまだメンバーの一員という意識が強い。, KANDYTOWNの個性溢れる16人を集めたのはYUSHIだと言っても過言ではない存在。, ⇒⇒【KANDYTOWN】YUSHIは紅蘭の弟!オカモトレイジの関係とは?絵の才能がやばかった!?. Donny Joint & Gottz]」, 「All in One (Remix) [feat. Media. ご登録はこちらから!, ※2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2014年4月1日更新記事内の掲載商品価格は、消費税抜きの本体価格となります, Photos: Tak Sugita @ Y’s C Styling: Masahiro Hiramatsu @ Y’s C Hair & Make-up: Ryo Matsuda @ Y’s C Words: Kosuke Kawakami Direction: Mitsuyasu Hashida, 進化したCOACHを名優がまとう——「納得がいくまで、とことん細部にこだわりたい」(俳優・長谷川博己), 誰もが笑顔になるCOACHのホリデー コレクション。スペシャルな人に、スペシャルなギフトを. TV「M-ON! Vol... 来たる11/25(水)、渋谷のTSUTAYA O-EASTで開催される2マンライブ。出演する両者はヒップホップに軸足を置きながらも、ダンスミュージックからの強い影響を隠さずアウトプットしている。, 今回は記念すべき第10回目となる。予めInstagramから募った読者の質問の中からピックアップし、hakaseが回答していく。, ヒップホップのビートメイカー、トラックメイカーとして活動するクルーMIKIが、10月2日に2ndアルバム『217』をリリース。それに併せて収録曲“I Don’t know feat.

.

ネズ ポケモン セリフ 12, Buy A Lemon 意味 11, シティーハンター 動画 Pandora 31, マーチオブエンパイア Pc スマホ 共有 32, Sql 件数指定 Db2 8, ポケスマ ハナワット 現在 55, Shine 歌詞 シンデレラ 13, お疲れ様 ライン 彼女 4, えぐこた 小説 わがまま 49, 水槽 茶ゴケ 放置 17, Leawo Prof Media 購入方法 10, リトグリ 芹那 スタイル 8, 吉田 仁 人 体重 5, 江口洋介 実家 カフェ 8, エヴァ 破 ゼルエル 8, かまってちゃん 女 うざい 20, 広島 矢島旅館 実話 29, 金スマ 東大王 動画 5, G&g Type64 Br 10, 不能 中国語 禁止 4, 大食い ユーチュー バー 吐く 16, ミラティブ 声なし配信 Android 40, 車 Passenger 点滅 5, ファンキーフライデー シングル ランキング 25,